2021年注目の新作漫画

【呪術廻戦12巻】冥冥の戦闘に加えて虎杖VS脹相の激アツな肉弾戦が描かれる

呪術廻戦12巻の表紙画像

この記事では大絶賛アニメ放送中のダークファンタジー漫画『呪術廻戦12巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します。

11巻では五条悟が捕らえられる非常事態となりました。

その続きとなる呪術廻戦12巻では、表紙に描かれている冥冥さんの戦闘や、虎杖VS脹相の激アツな肉弾戦が描かれています。

スポンサーリンク

呪術廻戦12巻のあらすじ

あらすじ

禪院甚爾の降霊が不測の事態に陥り、混迷を深めていく渋谷事変!!

地下ホームの夏油へと迫る冥冥、補助監督の甚大な被害に憤怒する七海――1級術師達が攻勢に出るなか、虎杖は九相図長男・脹相と会敵し…⁉

スポンサーリンク

ネタバレ注意!呪術廻戦12巻の感想と見どころ

呪術廻戦12巻の画像
呪術廻戦12巻の画像
©芥見下々/集英社

呪術廻戦の女性キャラはみんなカッコいいので好きなんですけど、その中でもビジュアルが好みなのが冥冥さんなんですよね。

よく分からない髪型をしていますけど、立ち姿や切れ長の瞳の美しさとかめっちゃ良くないですか?

さて、呪術廻戦12巻は禪院甚爾を降霊した術師のおばあさんが、制御できなくてヤラレてしまうところから物語が始まります。

術師がいなくなれば魂が帰るなんて、簡単に終わるわけないでしょうし…。

五条悟を覚醒させるキッカケとなった強者が、どう物語に関わってくるのか楽しみですね。

七海さんが重面春太を怒りのフルボッコにするシーンとかもカッコいいんですけど、なんといっても呪術廻戦12巻の見どころは冥冥さんの戦闘描写。

冥冥さんは夏油傑と遭遇し、コマのひとつである特級特定疾病呪霊「疱瘡神」と戦うことになります。

冥冥さんの能力は烏を操ること。
本人が言っているんですけど、別に強くは無いんですよ。

だから、術式なしでも戦えるような、シンプルな強さを手に入れるために鍛えたと……。

そのうえで自分の能力を見つめ直し、手に入れたのが『神風バードストライク』という技。

烏を自死させる代価として、本来は微弱な動物の呪力制限を消し去って、相手に体当たりさせる。

これが夏油に通じるとは思えないんですけど、どうか無事であってくれと祈っておきます。

呪術廻戦12巻の画像
呪術廻戦12巻の画像
©芥見下々/集英社

呪術廻戦12巻の後半では九相図長男・脹相と虎杖悠仁がついに激突!

兄弟想いのお兄ちゃんが本気で悠仁を仕留めに来ます。

圧縮した血液をビームのように放ったり、鎧のように身に纏ったり。

肉弾戦のスピード感が本当にカッコいい。
渋谷事変がいつアニメになるかは分からないけど、想像するだけでも鳥肌モノですね。

呪術廻戦の読者におすすめの漫画

あなたの好みに合いそうな漫画
漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】でしているので、そちらもよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました