漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル
スポンサーリンク

【チェンソーマン 感想】借金地獄から公安の犬となって悪魔と戦う漫画が面白すぎる!!

5
チェンソーマン1巻画像

週刊少年ジャンプからこんなにスプラッタな漫画が発売されるなんて!!

この記事では少年ジャンプ+で連載していたファイアパンチの作者・藤本タツキが描くダークファンタジー『チェンソーマン』の感想や魅力を紹介します!!

表紙がかなりド派手なんですけど…

親の借金返済で人生を費やしてきたド底辺の男が、悪魔のポチタとともに悪魔を殺す。

欲望に忠実なその姿は雑誌を間違えているのでは?と思うほど…。

しかしチェンソーマンは2019年に単行本1巻が発売された漫画のなかでもかなり面白い漫画でした。

チェンソーマン1巻の裏表紙画像
チェンソーマン1巻の裏表紙
くろごま
くろごま

頼むからジャンプで生き残ってくれ!

スポンサーリンク

チェンソーマンのあらすじ

悪魔のポチタと共にデビルハンターとして借金取りにこき使われる超貧乏な少年・デンジ。

ド底辺の日々は、残忍な裏切りで一変する!! 悪魔をその身に宿し、悪魔を狩る、新時代ダークヒーローアクション、開幕!

チェンソーマン1巻より引用

チェンソーマンのストーリーと魅力

作者・藤本タツキさんの漫画

チェンソーマンの作者・藤本タツキさんは、少年ジャンプ+で連載されていたファイアパンチという漫画を描いていました。

悪魔がいる世界でひたすら不幸な主人公

彼の人生は借金地獄。

亡くなった親父がつくった4千万近くある借金を返済する毎日に、デンジは疲弊していた。

そんなときに出会ったのが悪魔のポチタ。

犬のような見た目で必死にデンジに威嚇しているが、その姿は弱弱しく、怪我をしていた。

「噛め!悪魔は血ィ飲めばキズ治るって聞いたことがある!死にたくないなら噛め!」

とポチタの恩人になったことで、力を貸してもらい、デビルハンターとして生きながらえてきたのだ。

だが犬みたいに従順に借金を支払ってきたヤクザに、デンジは裏切られて殺されてしまう。

救いがなさすぎる…

普段からデンジは「悪魔には死んだ人の体を乗っ取れるヤツもいるらしい」と、もしも自分が死んだ場合の話をしてきたのだ。

夢かうつつか「……俺の体奪えたか?」とポチタに話すデンジ。

しかしその答えは「私の心臓をやる……かわりにデンジの夢をみせてくれ」というものだった。

表紙の姿はポチタと融合した姿ですか

悪魔との戦いはまさにゾンビ映画そのもので、ジャンプ漫画とは思えないほど荒々しい!

それがまたチェンソーマンの魅力なのだ!

ヤクザの犬から公安の犬になる

デンジは大暴れした後でひとりの女性に出会ってしまう。

彼女の名前はマキマ。
女性を知らないデンジは彼女の少しの優しさにコロッと落とされてしまうのだが「悪魔として私に殺されるか、人として私に飼われるか」という選択肢を与えられたデンジの犬扱いは続いていく。

主人公が単純すぎる!!

そう、チェンソーマンの主人公は類をみないほど欲望に忠実!

そしてヒロインたちがまたドS系なのだ。

チェンソーマンの評判と感想は?

最近のジャンプ系はダークな魅力を秘めているものが多い。

2018年に大ヒットした呪術廻戦やアニメ化された約束のネバーランドに鬼滅の刃もそうだ。

個人的にはチェンソーマンはこれらの漫画に続いていく作品になると思っている。

欲望に忠実でバカ丸出しの主人公が、悪魔と戦っていく。

物語が深堀されていくのはこれからで、とても楽しみだ。



次の記事>>>【チェンソーマン2巻 ネタバレ注意】銃の悪魔…デビルハンターが狙う強大な敵が描かれる

チェンソーマンの出版社と連載誌

チェンソーマンは集英社が刊行している週刊少年ジャンプで連載中です。

本作を書店で探すのなら、呪術廻戦やDr.STONEという漫画の近くにあると思います。

レビュー記事>>>【呪術廻戦 感想】絶対売れる!週刊少年ジャンプで連載中のダークファンタジーが面白い

くろごま
くろごま

以上、チェンソーマンの紹介でした!

漫画ブログ【ゴマシェルフ】をお気に入り登録やリーディングリストに追加すると再訪しやすくなります。
タイトルとURLをコピーしました