2020年注目の新作漫画

【あやかしトライアングル】妖退治を生業とする忍者の少年が性転換するラブコメ漫画

5.0
あやかしトライアングル1巻の表紙画像

もしも自分の身体が異性のモノに変わったら。
その後の人生を考えるよりも先に興味が勝ってしまうはずだ。

今回紹介するあやかしトライアングルは、幼なじみを守るために妖と戦う祓忍の少年が、強力な妖の力を封印する引き換えに、性転換する秘術をくらってしまって女性になってしまうラブコメ漫画

マスコットみたいに可愛い妖と、ちょっとした和風ファンタジーみたいな雰囲気と、TSラブコメという珍しさと、お色気要素がバランスよく描かれている漫画です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あやかしトライアングルのあらすじ

人に害をなす妖を祓うことを生業とする祓忍の風巻祭里かざまきまつりは、幼なじみで妖から好かれやすい花奏かなですずを陰ながら守っていた。

そんなすずに目を付けたのは見た目はネコだが、妖の頂点に君臨し続けるシロガネという妖で。

あやかしトライアングル1巻より引用

ネタバレ注意!あやかしトライアングルの魅力

試し読みはジャンプ公式Twitterから出来ます

作者・矢吹健太郎さんの漫画

あやかしトライアングルの作者・矢吹健太郎さんはToLOVEるダーリンインザフランキスを描いています。

ファンサービス程度のお色気描写に収まっている

ToLOVEるを初めて見たときの衝撃といったらもうね……。
性の目覚めといっても過言ではないくらい、少年時代の自分には刺激が強かった。

今の時代にあのレベルの描写が許されるのかといえば、週刊少年ジャンプではもう不可能だと思う。

とはいえ矢吹健太郎さんが描く女の子は、可愛さとか、曲線美とか、絵柄が持っている魅力のレベルが違うので、ちょっとしたお色気描写でも満足感がある。

TSラブコメ×和風ファンタジーのバランスが良い漫画

あやかしトライアングルは祓忍という妖退治を生業としている主人公・風巻祭里が、幼なじみでヒロインの花奏すずを守ろうとして、強力な秘術をくらい、女の子になってしまうというストーリー。

いわゆるTSモノ『transsexual(性転換)』なんて言われているジャンルなんだけど、これが単発のネタではなく、物語として少年誌で描かれるのはかなり珍しい。

祭里を女性にした妖・シロガネの、ラブコメ絶対許さないマン的な、ふてぶてしい性格と見た目は可愛らしく、今後の関係性がどう変化していくのかも見どころの一つだ。

あやかしトライアングル1巻の画像
あやかしトライアングル1巻の画像
©矢吹健太朗/集英社

また、花奏すずは妖巫女という、引き寄せてしまう体質で、妖と人間のあいだで揺れる心理描写や、少年漫画らしいバトル要素なんかも期待できそう。

ToLOVEるみたいな展開を期待している人には物足りなく感じるかもしれないけれど、色んな要素がうまい具合にミックスされている感じが、懐かしくて凄く好き。

今のラブコメって重いストーリーか、軽く読めるかってハッキリしているものが多いんだけど、バランスが良い漫画になりそうだ。

あやかしトライアングルの花奏すずの画像
あやかしトライアングルの花奏すずの画像
©矢吹健太朗/集英社

男性にオススメなのはもちろんのこと、キャラクターの絵柄が可愛い漫画が好きな人に超オススメなので、興味がある人はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

あやかしトライアングルの出版社や連載誌

あやかしトライアングルは集英社から刊行されている漫画誌・週刊少年ジャンプで連載中なので、書店で探すのならアンデッドアンラック呪術廻戦の近くにあると思いますよ。

本作に興味がある人は、2.5次元の誘惑もオススメです!

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】のほうでしているので、興味がある人はそちらのブログもよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました