漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル

【北北西に曇と往け 感想】すべてが美しい!アイスランドを舞台に繰り広げられる探偵活劇

5.0
北北西に曇りと往け1巻の表紙画像
この記事は約4分で読めます。

どんな漫画読むの?っていう質問は本当に答えるのが難しいんだけど、もしも相手が同じくらいの漫画好きだったら自分はこの作品を言いたい。

というわけで、この記事ではアイスランドを舞台に繰り広げられる探偵活劇を描いた漫画『北北西に曇と往け』の感想や魅力を紹介したいと思う。

表紙がカッコよすぎる…

アイスランドの大自然を丁寧に描き、人物はクールに、そして探偵というミステリを扱うジャンルでありながら特殊能力が使えるという……いろんな楽しみかたができる最高の漫画でした。

北北西に曇と往け1巻の裏表紙画像
北北西に曇と往け1巻の裏表紙画像
くろごま
くろごま

登場人物みんな美男美女!

スポンサーリンク

北北西に曇と往けのあらすじ

舞台はアイスランド島、北緯64度のランズ・エンド。
17歳の主人公・御山慧には3つの秘密があった。

ひとつ、クルマと話ができる。
ふたつ、美人な女の子が苦手。

3つ、その職業は、探偵――。
あるときは逃げ出した飼い犬を連れ戻し、またあるときはひと目ぼれの相手を探し出す。

愛車ジムニーを駆りながら、胸のすくような探偵活劇が、いま始まる!

北北西に曇と往け1巻より引用

ネタバレ注意!北北西に曇と往けのストーリーや魅力

作者・入江亜紀さんの漫画

北北西に曇と往けの作者・入江亜紀さんは乱と灰色の世界群青学舎という漫画を描いています。

特殊能力を駆使して探偵をする主人公のカッコよさ

まずはじめに、私は入江亜紀さんの前作『乱と灰色の世界』を知らなかったが、この作品を読んだ後にどんな漫画を描いてきたのか気になり探すことになった。

それくらい北北西に曇と往けは衝撃的だった。

北北西に曇と往けは「どんなに運転が下手でも道にでたら走るしかない、人生と同じ」という車が横転しているシーンから始まる。

主人公の御山慧みやまけいはクルマと話ができるとあらすじに書いてあるが、具体的な説明があるわけではなく、読者には話しているように見えるだけで、霊感と同じで信じるか信じないかは……みたいな描き方で物語は進んでいく。

しかもその能力は車に限らず、機械全般に使えそう。

慧はその能力を使って探偵をしている、まだ17歳の青年なのだが、長身でサングラスがよく似合う、少年とはいえない風格がある主人公だ。

祖父のジャックも特殊能力を使える

慧の両親は既に他界し、フランス人の祖父と二人暮らしという特殊な家庭環境。

祖父のジャックは女好きで、彼の性格が新たな出会いを運んでくるのだが、ジャックもまた能力を持っている。

これについても多くは語られなくて、鳥を操るなのか、生物を操るなのか、はたまた別の力なのかと読んでいる人によって認識のズレがあるかもしれない。

この辺のストーリーの組み立てかたが本当にうまいと思う。

殺人容疑をかけられている弟・三知嵩

探偵ときいて真っ先に思い浮かべるのは『名探偵コナン』なのだが、実際の探偵は犯人探しなんかしない。

ではこの作品にどう絡んでくるのか、それは慧の弟・三知嵩に殺人容疑がかけられているというのだ。

弟の三知嵩は日本で母方の叔父夫婦と一緒に住んでいたのだが、叔母さんが事故で無くなった後に叔父は体調を崩して……そこに弟が絡んでいるのかもしれない。

慧と三知鷹は仲のいい兄弟。
しかし、読者の目には三知嵩の行動が全て怪しくみえてくる
ぶりっこというか、あざとく見えて仕方がない。

アイスランドで出会うヒロイン・リリヤの美しさ、肉をおいしそうにほおばる慧の姿に自然保護の重要性を説くジャックなど、見どころは物語が進むごとに増していく。

まだ未読のかたは、マンガ大賞2019では第6位にランクインしている本作をぜひ手に取ってみてほしいものだ。

next【北北西に曇と往け 2巻】慧の親友登場でアイスランドの観光地や大自然を巡る

北北西に曇と往けの出版社や連載誌

北北西に曇と往けはenterbrainから出版されている漫画誌・ハルタで連載中です。

本作を書店で探すのなら『煙と蜜』や『二コラのおゆるり魔界紀行』という漫画の近くにあると思いますよ。

レビュー【煙と蜜 感想】大正浪漫!年の差がある許嫁同士の恋愛を描いた漫画

レビュー【ニコラのおゆるり魔界紀行 感想】クセになる世界観…悪魔と一緒に旅する漫画

くろごま
くろごま

以上、北北西に曇と往けの紹介でした

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】のほうでしているので、20代男がどんな買い物をしているのか、興味がある人はぜひのぞいてみてください。
タイトルとURLをコピーしました