2019年に1巻が発売された面白い漫画

北北西に曇と往け2巻|これがアイスランド…慧の親友登場で観光地や大自然を巡る

北北西に曇と往け2巻画像
この記事は約5分で読めます。

乱と灰色の世界や群青学舎の入江亜紀が描く、アイスランドを舞台に繰り広げられる探偵活劇『北北西に曇と往け2巻』が2018年3月15日に発売されました。

カトラやリリヤの美しさや慧とジャックのほとばしるスタイリッシュさに惚れた1巻とは違い、北北西に曇と往け2巻は慧の親友が登場して、アイスランドの大自然に触れる内容になっています。

くろごま
くろごま

ミステリはすこし休憩

スポンサーリンク

北北西に曇と往け2巻のあらすじ

氷島(アイスランド)を巡る、驚異の旅(ゴールデンサークル)へ!

人気絶好調! 北欧アイスランドの旅とミステリのジュヴナイル、第2巻!
……とは言っても、2巻ではミステリ部分はしばらくお休み。主人公、慧(けい)の親友、清(きよし)が日本から遊びに来たことによって、北緯64度の島国の、観光名所でかたっぱしから遊びます。首都レイキャビクの象徴的な建築物である「ハットリグリムス教会」、大迫力の「ストロックル間欠泉」、シンクヴェトリル国立公園の大地割れ、地熱発電所、露天温泉、肉食バーベキュー、北欧美女、そして夜空に広がるオーロラ!
2巻を読み終えるころには、豪放かつ繊細なこの島国のとりこに、あなたもきっと!

北北西に曇と往け2巻より引用

  • 漫画誌:ハルタ
  • 出版社:KADOKAWA
  • 作者 :入江亜紀
  • 同作者の漫画:乱と灰色の世界群青学舎
  • ジャンル:異文化・海外・探偵・ミステリ

【ネタバレ注意】北北西に曇と往け2巻の感想と見どころ

スポンサーリンク

1巻の内容を振り返る

肉でご機嫌になる主人公の慧

「アイスランドのヒツジがなぜ美味しいか、知ってるか?」

慧とカトラはジャックの友人から食事をごちそうになる。

「この広い荒野で悠々と野生のハーブや苔を食べて育つから」

と苔やシダや草しか生えない、足元は溶岩の大地でできた特殊な環境についてジャックは語るのだ。

北北西に曇と往け2巻ではミステリ的な内容はとりあえず置いておいて、アイスランドについての魅力が存分に語られるような内容になっている。

慧の親友・清

慧の親友・清は学生にしてアプリをつくる仕事をしていて「また身長伸びたね、5センチくれ」「肉くってやせろ」と軽口を言い合う仲であり、慧の能力を知る理解者でもあるのだ。

不器用な男がどうやって清と仲良くなったのか、その経緯も描かれている。

ハットルグリムス協会やレイフ・エリクソン像、グトルフォス(黄金の滝)、そしてストロックル間欠泉にシンクヴェトリル国立公園と観光地を巡るのだが、慧と清は観光の途中で一度はぐれてしまう。

しかし連絡を取り合わずとも、別の行動をしていても同じ場所に行きつくのだ。

北北西に曇と往け2巻で印象的だったセリフ

北北西に曇と往け2巻で印象的だったのはジャックの言葉「植物は簡単に死んでしまい、回復には100年でも足りない」だ。

観光客が激増するということは、非常識な人間が増えるということ。人の命を守るのは柵ではなく判断力だとジャックは語っている。

清が日本に帰ったあとに物語が本格的に進んでいくことになると思う。

ミチタカの裏の顔はどうなのか。

リリヤが関わらないことを祈るばかりだ。



北北西に曇と往け3巻感想記事

次の記事では北北西に曇と往け3巻のネタバレ注意な感想と見どころを紹介します。

スポンサーリンク

ハルタからおすすめする漫画

北北西に曇と往けと同じ漫画誌『ハルタ』からおすすめする漫画です。

本屋でこの作品を探す場合、北北西に曇と往けの近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。

漫画をもっと読む

九井諒子、初の長編連載。待望の電子化! ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう!」スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!! 襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、ダンジョンの踏破を目指せ! 冒険者よ!!

ダンジョン飯1巻より引用

人間界から魔界に迷い込んだ少女・ニコラ。
通りがかった悪魔族の旅商人・サイモンに拾われ、旅に同行することに。
食べ物は合わない、人間だとバレたら追いかけられる。
向こう見ずで食いしん坊なニコラには、魔界の旅は困難でいっぱい!

ニコラのおゆるり魔界紀行1巻より引用