2021年注目の新作漫画

【クプルムの花嫁】寡黙な鎚起銅器職人と天真爛漫な金髪ギャルの婚約を描く漫画

5.0
クプルムの花嫁1巻の表紙画像
スポンサーリンク

職人が細部までこだわり、ひとつひとつ丹精込めて形にした唯一無二の美しさは、もはや芸術品といえる。

買い物をするうえでコスパの良さはもちろん大切なんだけど、たとえ値段が高いと感じても、職人のこだわりや技術が詰まった商品には欲しいと思わせる魅力がある。

今回紹介するクプルムの花嫁は、新潟県の職人の街・燕三条地域で代々続く鎚起銅器職人が主人公であり、幼馴染のギャルとの婚約を描く恋愛漫画だ。

寡黙な職人と陽気な女の子のカップリング、なによりも心地よい雰囲気が素晴らしい漫画でした。

スポンサーリンク

クプルムの花嫁 単行本1巻のあらすじ

職人の街に暮らす金髪ギャル・しいな。
ある日、お付き合いをしている鎚起銅器職人・しゅうから唐突なプロポーズを受ける。

OKはしたものの、職人の家に入るって――?

クプルムの花嫁1巻より引用

ネタバレ注意!クプルムの花嫁のストーリーや魅力

作者のTwitterから無料で試し読み出来ます

作者・namoさんの漫画

クプルムの花嫁の作者・namoさんは、狼少年は今日も嘘を重ねるまどろみちゃんが行くという漫画を描いています。

職人の街とも呼ばれる燕三条地域を舞台に描かれる

新潟県燕市と三条市は、金属加工業が盛んな地域で、料理をする人やアウトドアが好きな人なら聞いたことがあるよっていう有名なメーカーがけっこうある。

その中でも本作は鎚起ついき銅器を題材に描いている漫画で、タイトルに含まれているクプルムはラテン語で銅を意味するんだとか。

自分は鎚起銅器という存在を初めて知ったから値段に驚いたんだけど、一枚の銅板を金槌で成形していく技術と労力と美しさを知ったら「確かにこれは高くなるわ」と納得した。

ヒロインが金髪ギャルなのに雰囲気が軽くなりすぎない凄さ

クプルムの花嫁1巻の画像
クプルムの花嫁1巻の画像
©namo/エンターブレイン

ギャルがヒロインの漫画の良さは、ストーリーがめちゃくちゃ明るくて読みやすいことなんだけど……。

職人が本気で仕事と向き合う展開を考えると、雰囲気が軽くなりすぎて、相性が悪いんじゃないか?と購読前はちょっぴり心配していた。

しかし、読んでみれば主人公とヒロインは幼なじみという、簡単なことでは揺らがない関係性が出来ている状態から物語が始まるので、その心配は序盤で解消された。

ラブコメのフワフワした雰囲気が前面に出過ぎることもなく、かといってピリッとした空気感が続くこともない。

そのバランスがめちゃくちゃ良くて自分好みの恋愛漫画だった。

ギャルといってもヒロインのしいなは容姿が派手なだけで、明るくて可愛らしい女の子だし、主人公の祖父母とも旧知の仲だから「受け入れてもらえるか不安」みたいな緊張感も無い。

言葉遣いが汚いとかそういうデメリットもなくて、結婚を前提に物語が進んでいく、めちゃくちゃ雰囲気が良い恋愛漫画になっている。

クプルムの花嫁1巻の画像
クプルムの花嫁1巻の画像
©namo/エンターブレイン

主人公のしゅうは、鎚起銅器職人の祖父のもとで、一人前の職人になることを目指しているんだけど、自分の父親を早くに亡くしている。

技術はあるけれど表現力が乏しい堅物の修は、おじいちゃんに認められる職人になったとき、しいなと結婚する約束を果たすため、日々励んでいる。

普段は不器用だけど、修のしいなに対する愛情表現はニヤニヤできるし、しいなの天真爛漫な笑顔には癒された。

鎚起銅器がどういう工芸品なのかを知ることができるし、職人を描く漫画としても恋愛漫画としても最高だった。

クプルムの花嫁の出版社や連載誌

エンターブレインから出版されている漫画誌・ハルタで連載中

単行本を書店で探すときの目印に!

本作に興味がある人には、おとなりに銀河もオススメです!

【乙嫁語り】19世紀後半の中央アジアで暮らす民族たちの恋愛や歴史を描く漫画
この記事ではマンガ大賞2014で第1位に輝いた民族の恋愛や歴史を色濃く描く漫画『乙嫁語り(森薫/enterbrain)』を実際に読んだ感想は?面白いのか?評価が気になるという人に向けて、多少のネタバレを含みながら内容を紹介しています。
【ハクメイとミコチ】大自然の中で生活している小人たちの日常を高画力で描く漫画
2018年にアニメ化&マンガ大賞2019で第9位にランクインした漫画『ハクメイとミコチ(樫木祐人/enterbrain)』を実際に読んだ感想は?面白いのか?評価が気になるという人に向けて、多少のネタバレを含みながら内容を紹介しています。
【ニコラのおゆるり魔界紀行】独特の絵柄がクセになる!迷子の少女が悪魔族と一緒に旅する漫画
魔界に迷い込んだ少女と悪魔族の行商人の不思議な旅路を描いた漫画『ニコラのおゆるり魔界紀行(宮永麻也/エンターブレイン』を実際に読んだ感想は?面白いのか?評価が気になるという人に向けて、多少のネタバレを含みながら内容を紹介しています。
【おとなりに銀河】異種族のお姫様と“婚姻契約”から始まる恋愛漫画
この記事では2016年にアニメ化された甘々と稲妻の作者が描く異種族恋愛漫画『おとなりに銀河(雨隠ギド/講談社)』を実際に読んだ感想は?面白いのか?評価が気になるという人に向けて、多少のネタバレを含みながら内容を紹介しています。
漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】でしているので、そちらもよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました