2020年注目の新作漫画

【異世界もう帰りたい 感想】夢も希望もテンプレもない…超現実的な異世界漫画

4.0
異世界もう帰りたい1巻の表紙画像

異世界転生にリアリティを求めたらこうなるよね……という作品があった。

この記事では月刊ヒーローズで連載中のファンタジー漫画『異世界もう帰りたい』の感想や魅力を紹介したいと思う。

異世界おじさんと同じ系統ですか?

このマンガがすごい2020で第11位にランクインした『異世界おじさん』もまた不遇を受ける作品だけど、むこうは気づかなかっただけでチートもラブコメもある。

いっぽうで異世界もう帰りたいはサラリーマン生活の場所が日本から異世界に変わっただけで退屈から始まる物語となっています。

異世界もう帰りたい1巻の裏表紙画像
異世界もう帰りたい1巻の裏表紙画像
くろごま
くろごま

画風は水木しげるそのものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

異世界もう帰りたいのあらすじ

普通に働き、普通にご飯を食べ、普通に寝る。そんな平凡なハッピーで物足りた日常を過ごすサラリーマン・下山口一郎。

ある日突然、英雄として異世界に召喚されたけど、評価は★1つのハズレガチャ扱い……。

「嗚呼、もう帰りたい……」
下山口の明日はどっちだ──!?

奇才・ドリヤス工場が描く、“異世界しょんぼり転生”開幕!

異世界もう帰りたい1巻より引用

ネタバレ注意!異世界もう帰りたいのストーリーや魅力

作者・ドリヤス工場さんの漫画

異世界もう帰りたいの作者・ドリヤス工場さんは定番すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読むというシリーズやテアトル最終回という漫画を描いています。

この漫画を見つけたときは「水木しげるさんってご存命だっけ」と思ったほど、ドリヤス工場さんの絵柄は本家に似ている。

それって大丈夫なの?と思う人もいるかもしれないが、ドリヤス工場さんの商業作品は他にもあるし、アウトかセーフかの判断は出版社や水木プロダクションがすればいい話だと思う。

不幸というよりも不遇から始まる異世界漫画

話を本題にもどすが、異世界もう帰りたいは異世界転生系のなかではかなり浮いた存在

ファンタジーなのに超リアル。
ファンタジーなのに夢も希望もないのだ。

もしも異世界転生できたとしても99.9%の確率でこの漫画と同じ運命を辿ると思う、それくらい現実的。

本作の主人公・下山口一郎はどこにでもいるような普通のサラリーマンだったが、異世界漫画のテンプレである聖訪者(英雄・勇者と同義)として異世界に呼ばれてしまう。

むこうの王様たちからすれば貴重な宝石を使って召喚したのに、でてきたのは一般人。

想像してほしい…アプリゲームでガチャを引いて、ただの☆1キャラが出てきたらどう思うのか……残念なことに王様たちの気持ちが分かってしまう。

まぁ、とはいえ最近増えてきている復讐系の異世界漫画みたいな展開にはならないので安心してほしい。

一郎は勝手に呼び出されたのにガッガリされるという可哀そうな扱いをされ、お城で雑用として働きながら、日本に帰る方法を探すことになるというのが、この漫画の物語だ。

テンプレはないのに都合の悪い展開はある

よくある展開としては外れスキルが案外使えるパターンと、超幸運体質だったりするタイプだろうか。

でも一郎はどちらも恵まれていない。

森から外に出れないというエルフと出会ってもその子は現状に満足しているし、一郎の後輩聖訪者はまさにSSR的な存在だし、ヒロインかと思ったらオタサーの姫みたいなヤツだし……。

ここまでくると凄い…なんか胸に刺さる。
読んでいるうちに自然と主人公に感情移入してしまう。

なんでなろう系の主人公ってテレビで見たって理由で味噌とか醤油とかつくれるんだろうって疑問が暴発しそうになる。

正直、1巻を読んで超面白いとはならないが「もう流されるままはやめだ。魔法帝国がある西へ……どうにかして元の世界に帰ってやる……」と決意するまでの流れは見事で、続きを早く読みたくなる

異世界転生から人気が出る要素を全部抜き取ったヤバいやつ……興味がある人はぜひ読んでみてはいかがだろうか。

異世界もう帰りたい(最新刊)2巻の発売日

異世界もう帰りたい2巻は2020年10月5日に発売です。

異世界もう帰りたいの出版社や連載誌

異世界もう帰りたいは小学館クリエイティブから刊行されている月刊ヒーローズで連載中です。

本作を書店で探すのなら、ULTRAMANやアトム・ザ・ビギニングという漫画の近くにあると思います。

2019年4月にアニメ化されました
2017年にアニメ化されました
くろごま
くろごま

以上、異世界もう帰りたいの紹介でした

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】のほうでしているので、興味がある人はそちらのブログもよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました