漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル

異世界おじさん感想|発売即大重版!ツンデレが通用しないフラグへし折り系コメディが面白すぎる

この記事は約6分で読めます。

小説家になろうなどの投稿サイトや、ウェブで漫画の影響で人気ジャンルとなったのが異世界ファンタジーです。

そのほとんどが現代の知識やチート能力で無双する話になっている。

それはそれで面白いのですが、どこか似たような話に感じるのは仕方のないこと。

しかしちょっと雰囲気が違う作品が現れました。

2018年11月21日に発売されたComic Walkerで連載中の『異世界おじさん』は流行とは真逆で、異世界から戻ってきたおじさんと甥っ子のルームシェアを描いた異色の作品。

異世界おじさんはAmazonのレビュー数が120を超えているなど今年大注目の異世界コメディです。

くろごま
くろごま

画力は美少女に全振り

スポンサーリンク

異世界おじさんのあらすじ

17年間の昏睡状態から目覚めたおじさんは、異世界「グランバハマル」からの帰還者だった……。

現実→異世界→現実と渡り歩いたおじさんと、甥っ子たかふみによる、新感覚異世界&ジェネレーションギャップコメディ!

異世界おじさん1巻より引用
  • WEB漫画:ComicWalker
  • 出版社:KADOKAWA
  • レーベル:MFC
  • 作者 :殆ど死んでいる
  • ジャンル:現代ファンタジー

異世界おじさんのネタバレ注意な感想と魅力

『異世界おじさん』コミックスCM
スポンサーリンク

異世界から帰還したおじさん

たいていの異世界作品は向こうの人間に勝手に呼び出されるか、神様の手違いで命を落としてチート能力に目覚めたり与えられたりして、いろんな出来事に振りまわされながら困難な状況を打破する。

絶望的な状況は主人公よりも仲間に訪れることが多く、どう助けるかを読者は楽しむのだ。

今流行の異世界系を大雑把に説明するのならこんな感じだろう。

もちろんそれはそれでめちゃくちゃ面白い。

転生したらスライムだった件とかRe:ゼロから始める異世界生活異世界食堂など小説家になろうから書籍化されて、コミカライズ、アニメ化で大ヒットした作品はたくさんある。

ただ『異世界おじさん』は日本に帰還したその後を描いた作品だ。

おじさんの不運な異世界生活

異世界系では元の世界に帰ることは不可能もしくは、そこで出会った仲間たちと幸せになることを模索するため、基本描かれることはないと思っている。

設定の段階でなにかしらの逆転要素があり、不細工であろうと異世界に行った影響でイケメンにとか、領主の息子に生まれ変わりとかチートにまみれるはずなんだが……

美男美女ばかりの異世界で不細工どころかオーク扱い、敵から助けたら命を覚悟して感謝される。

17年間ソロプレイ。

おじさんはコミュニケ―ションが下手くそ。

確かに異世界に未練はなさそうというか全体的に暗い。

こんな真っ暗な異世界作品は初めてだが、それが面白さにつながってくるのがこの作品。

おじさんは日本でどう生きていくのか

日本に帰還したらおじさんの処遇を巡って、家族がボロクソ言い合い一家離散と、おじさんの人生は不幸の連続だが、唯一病院に尋ねてきた甥っ子のたかふみとルームシェアすることになる。

たかふみが聖人君子だったわけではない。

おじさんがこちらの世界でも魔法を使える特殊な人間だったからだ。

最初は意味の分からない言葉の羅列に頭がおかしくなったと思った、たかふみ。

「異世界グランバハマルに17年いたがようやく帰ってきたぞ」と言われて笑えるわけがない。

しかしコップが宙に浮き、指から火が噴き出す光景をみてたかふみは信じたのだ。

時代は2017年。

たかふみの助言を受けたのだろう。

魔法が使える系ユーチューバー爆誕だ。

表紙の可愛い女の子は誰?

おじさんの異世界での重過ぎるまっくろな苦労話と、現代で魔法が使えるという逆チート。おじさんがジェネレーションギャップを感じている姿に、読者もまた時間の流れを感じるのだ。

表紙の可愛い女の子はツンデレエルフ。

異世界でおじさんに気を許した理解者になるはずだった……時代を間違えたヒロイン。

時代を間違えたというのはどういうことかというと、ツンデレという概念は17年前には存在していなかったというのだ。

ということはツンデレエルフは、ただの高圧的で嫌な奴という印象しかおじさんには残っていないといういたたまれない展開に。

おじさんの気持ち悪い笑顔とは真逆でありえないほど可愛いエルフ。

フラグをへしおりまくるおじさんと、その素質を残念ながら持っているたかふみのユーチューバー生活はこれからどうなっていくのか。

異世界おじさんが漫画好きの間で話題になった理由が分かる面白さだった。



異世界おじさん2巻感想記事

次の記事では異世界おじさん2巻のネタバレ注意な感想と見どころを紹介します。

スポンサーリンク

異世界おじさんと同じレーベルからおすすめする漫画

異世界おじさんと同じレーベル『MFC』からおすすめする漫画です。

本屋で異世界おじさんを探す場合、これらの作品の近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。


可愛すぎて話題騒然! “うちの娘”を愛でるアットホームファンタジー!

その戦闘技術と判断力を武器に、若くして近隣にその名を轟かする冒険者の青年デイル。とある依頼で深い森の中を訪れた彼は、そこでガリガリに痩せ細った幼き魔人族の少女と出逢い、彼女の保護者になる決意をする! 出会った当初は薄汚れ、言葉もたどたどしかったラティナだが、デイルやその友人たちにより、その可愛さを取り戻し……! 日々成長する“うちの娘”を見守るアットホームファンタジー! 待望のコミカライズ1巻!!


うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない1巻より引用


異形な“ヤバいやつ”との遭遇を全てシカトで凌ぐ。新感覚ホラーコメディ!

ある日突然、普通の人には見えない異形な存在が見えるようになってしまった「みこ」。彼女は彼らから逃げるでもなく、立ち向かうでもなく…精一杯シカトしつづける事に。怖いようで怖くない、新感覚ホラーコメディ!

見える子ちゃん1巻より引用

タイトルとURLをコピーしました