2021年注目の新作漫画

【怪獣8号3巻】怪獣の変身したカフカに保科副隊長の刃が迫る

怪獣8号3巻の表紙画像

この記事ではジャンプ+史上最速で250万部を突破したヒーロー漫画『怪獣8号3巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します。

2巻では人間に化ける怪獣の出現によって、市川と古橋が負傷する展開となりました。

その続きとなる怪獣8号3巻では、保科副隊長が怪獣を圧倒するような戦闘描写や、専用武器を与えられた四ノ宮キコルの生き生きとした表情が魅力的に描かれています。

スポンサーリンク

怪獣8号3巻のあらすじ

あらすじ

防衛隊員、市川・古橋を助ける為、怪獣に変身したカフカは、圧倒的な力で人型怪獣を叩きのめす。

だが止めを刺す時、防衛隊員に発見され、人型怪獣に逃げられてしまう。

目的を果たしたカフカが現場から離脱しようとした時、そこに保科副隊長の姿が…!?

――動乱極まる、第三巻!!

ネタバレ注意!怪獣8号3巻の感想と見どころ

怪獣8号3巻の画像
怪獣8号3巻の画像
©松本直也/集英社

糸目・細目=天才・強者みたいなイメージがあると思うんですけど、結構不思議ですよね。

テニプリの不二周助とか、銀魂の神威。
ブリーチの市丸ギンなど。
パッと思いつくキャラってそこまで多くないのに、共通認識になっています。

ただ、主役になりきれないというか。
当て馬で終わるイメージもあるので。
怪獣8号の保科副隊長には、なんとか最後まで強者であってほしいと願っています。

さて、怪獣8号3巻はその保科副隊長の戦闘が、ついに描かれます。

市川と古橋を負傷させた怪獣を圧倒したカフカ。
止めを刺す前に、他の防衛隊員たちに見つかったことで、人型怪獣の逃亡を許してしまいます。

その場を後にしたカフカは、保科副隊長に見つかり、戦闘に発展するわけですが…。

戦う意思がないとはいえ、怪獣化したカフカを凌駕する機動力を見せています。

糸目キャラが開眼したときのカッコよさはたまんないですね。

顔がカッコいいとかじゃないのに。
雰囲気イケメンって感じ。
首の太さと相まって横顔がめちゃくちゃ好き。

怪獣8号3巻の後半では、基地内に別の人型怪獣が攻め入る緊迫した展開が描かれています。

保科副隊長VS戦闘狂な大怪獣。
そして組織的に行動してくる余獣に対して、専用武器を与えられた四ノ宮キコルが躍動します。

ツインテお嬢さまがデカい斧をぶん回す。
弓とかレイピアとか綺麗な武器じゃなくて斧ってチョイスがめっちゃいいし、好戦的な表情が魅力的に描かれていました。

敵の狙いはなんなのか。
この状況をどう切り抜けるのかは4巻の内容。
次の巻の発売を楽しみに待ちたいと思う。

怪獣8号(最新刊)4巻の発売日

怪獣8号4巻は2021年9月3日に発売予定です。

スポンサーリンク

怪獣8号の読者におすすめの漫画

単行本を書店で探すときの目印に
  • 最果てのソルテ
  • 太陽と月の鋼
  • とんがり帽子のアトリエ
漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】でしているので、そちらもよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました