2019年に1巻が発売された面白い漫画

【ぐらんぶる12巻 ネタバレ注意】パラオに行く前に伊織の実家へ帰省する話が描かれる

ぐらんぶる12巻の画像
この記事は約4分で読めます。

この記事では男の裸と酒の絡みが8割を超える潜らないダイビング漫画こと、good!アフタヌーンで連載中の『ぐらんぶる12巻』のネタバレ注意な感想と見どころを紹介します。

アニメが終わっても原作はまだ続くと原作者の井上堅二さんが話すようにぐらんぶる12巻も笑いが止まらないような馬鹿騒ぎが描かれています。

ぐらんぶる12巻の裏表紙画像
ぐらんぶる12巻の表紙裏画像です
ぐらんぶる12巻の表紙裏画像
ぐらんぶる12巻の表紙裏イラストです
くろごま
くろごま

アニメも好評でよかった!

スポンサーリンク

ぐらんぶる12巻のネタバレ注意な感想と見どころ

ぐらんぶる12巻のあらすじ

残りの夏休みは海外で! パスポートを取りに向かった実家で待っていたのは、伊織のパラオ行きを阻止したい妹と、その妹を狙う変態外国人だった! 全裸系青春ダイビングコメディー、激闘の帰省編!!

ぐらんぶる12巻より引用

予告とは違う話が描かれている

11巻ではドルフィン新店舗のヘルプで海外のパラオに行くことになった伊織たち。

予告ではすでにパラオの風景が描かれていたが、ぐらんぶる12巻では行く前の姿が描かれている。

くろごま
くろごま

予告がまさかの裏切り

Pab式納涼祭はちょっと危険

パラオに行くのは伊織、耕平、千紗の三名だけで三年生たちは忙しくて参加できないとこの話を断った。

先輩たちはもうすぐ引退と脳裏によぎる伊織は「この夏やり残したことはないですか」と三年生たちに何かしようと提案し、その結果浴衣を着てのたこ焼きパーティーをすることに……。

しかしこの人たちが普通のタコパをするわけはなく「全員下着をぬぎなさい」という梓さんの命令によって、いつも通り且つ、ちょっと色気のある馬鹿騒ぎが描かれているのだ。

パスポートを取りに実家に帰省

そして外国に行くにはなによりもパスポートが必要で、伊織は実家に取りに行くことになる。

アニメの影響をやばい方向に受け取ってしまった耕平と、巻き添えをくらった千紗を連れて、いざ実家の北原旅館へ。

道中、耕平と似たようなヤバイ外国人と遭遇したり、夏休みに帰ってこない&外国に行くと話す伊織にぶちぎれている妹の栞がパスポートを渡すわけはなく……。

ぐらんぶる12巻の感想

ぐらんぶる12巻も男の肉体を強制的に見せられるぶっ飛んだ内容だった。

3年生の引退がどのように描かれていくのか、そしてパレオ編はどうなるのか。

まだまだ続きそうなぐらんぶるに安心するぐらんぶる12巻だった。



ぐらんぶる13巻の感想記事

次の記事ではぐらんぶる13巻のネタバレ注意な感想と見どころを紹介します。

スポンサーリンク

good!アフタヌーンからおすすめする漫画

ぐらんぶるが連載しているgood!アフタヌーンからおすすめする漫画です。

本屋でこの作品を探すのなら、ぐらんぶるの近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。

漫画をもっと読む

例えば、どこか遠くで暮らすとしたら――。息つく暇のない生活を送るサラリーマン・三宅が再就職で行き着いたのは、穏やかに時間が流れる月輪島。女子高生が案内人の、新たな暮らしが始まる! 潮風薫るリラックス・ドラマ開幕!!

やさしいヒカリ1巻より引用