2021年注目の新作漫画

【ブルーピリオド9巻】猫屋敷教授の鋭い言葉が世田介くんに突き刺さる

ブルーピリオド9巻の表紙画像
スポンサーリンク

この記事では数々の漫画賞を受賞し、2021年にはアニメ化予定の美術漫画『ブルーピリオド9巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します。

8巻では藝祭の一大イベントである神輿制作の準備に追い込まれる八虎たちの姿が描かれましたけれど、ブルーピリオド9巻では藝祭と、世田介くんと猫屋敷教授のヒリついた空気間が描かれます。

9巻の表紙は三木きねみさん!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブルーピリオド9巻のあらすじ

あらすじ

藝祭名物「神輿」制作のため、毎日遅くまで手を動かす八虎と神輿隊メンバー。

しかし終わりの見えない作業と真夏の暑さに限界を迎えていた。

そんな彼らの前に法被隊の村井がやってきて…。
果たして無事に藝祭を迎えることはできるのか。

そして、苦悩の藝大ライフは新学期に突入する――!!

ネタバレ注意!ブルーピリオド9巻の見どころ&感想

ブルーピリオド9巻の画像
ブルーピリオド9巻の画像
©山口つばさ/講談社

限界寸前の作業量と、真夏の暑さに加えて、台風が運悪く重なり、神輿制作が当日までに間に合うか……。

というところで、八雲たちがヘルプに来た場面からブルーピリオド9巻は始まる。

藝祭当日には橋田が再登場したり、世田介くんが女装させられたり、八虎の友人が世田介くんと顔合わせしたり。

祭の陽気さにあてられてか「大学も制作も全然うまくいってないけど、真剣にやってみたから作品の見方も変わったと思いたいよね」と八虎が珍しく前向きになっていた。

ブルーピリオドは絵の表現力と、言葉がエグイ漫画だと分かっていたんだけど、9巻は特段に、言葉の意味を考えさせられる素晴らしい内容だった。

というのも、美術館で見た絵に上手いという言葉が真っ先に浮かんだ八虎が『上手いだけじゃ、そこに新しい表現とか独自性とかがないとだめなんじゃないの』と考えようとするシーンがあって……。

八虎は一緒に来ていた橋田に、どう凄いのか意見を求めるんだけど「一番は上手いとこちゃう?」と答えて、八虎はダメな部分ばかり見ている、視野が狭まっていると気づかされるのだ。

他にも努力は才能か?について意見交換していて、本来なら“これ以外の言葉が見つからない”レベルでの称賛なはずなのに、乱用するがあまりに薄っぺらく感じてしまう言葉を深堀していた。

ブルーピリオド9巻の画像
ブルーピリオド9巻の画像
©山口つばさ/講談社

ブルーピリオド9巻で印象に残るのはなんといっても猫屋敷教授で、自分の作品を見てもらうために何でもすると言わんばかりの強い意志を感じる。

そんな彼女は世田介くんに何か思うところがあるようで「…頭使ってよ頭。君にこういうの求めてないから」とストレートに言い放っている。

鋭い言葉の裏には意味があり、どんな意図があったかはそのうち明かされるはず(そう信じたい)。

八虎は世田介くんの会話に、薄っぺらい誉め言葉を道具として使っている節があって、今までぎこちなさを感じていたんだけど、ついに本音で語り合うときが来そうだ。

ブルーピリオドの読者におすすめする漫画

あなたの好みに合いそうな漫画
  • 海が走るエンドロール
  • 女の園の星
  • 九龍ジェネリックロマンス
漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】でしているので、そちらもよろしくお願いします。
初回限定50%OFFクーポン配布中!
タイトルとURLをコピーしました