2021年注目の新作漫画

【ブルーピリオド10巻】悩み苦しむ世田介くんが自分自身と向き合う姿が描かれる

ブルーピリオド10巻の表紙画像

この記事では累計300万部を突破し、2021年10月よりアニメ化予定の美術漫画『ブルーピリオド10巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します。

9巻では世田介くんが猫屋敷教授に絡まれてピリピリしているヤバい展開が描かれました。

その続きとなるブルーピリオド10巻では、絵に対してどう向き合うのか、自分の感情や好きなものを認識する世田介くんや八虎が、一年の集大成である自主制作に挑む様子が描かれます。

スポンサーリンク

ブルーピリオド10巻のあらすじ

あらすじ

ここのところ災難続きの世田介。
自信を無くしてほしくない八虎は「世田介くんには才能がある」と励ますが才能と努力の考え方の違いから険悪な空気に。

自分の視野の狭さを痛感した八虎は世田介と向き合うため、絵は好きかと問う――。

ネタバレ注意!ブルーピリオド10巻の感想と見どころ

ブルーピリオド10巻の画像
ブルーピリオド10巻の画像
©山口つばさ/講談社

他人が怒られていたり、恥かいている姿をみるのがすごい苦手。

いわゆる共感性羞恥ってヤツで、ブルーピリオドはそういうシーンの塊みたいな漫画なわけですよ。

そもそも芸術が、自分が抱えている思想や感情ををさらけ出すものなので、そういう描写が多くなるのは至極当然なんだけど……。

9巻&10巻のピリピリした雰囲気は、読んでいてなかなかしんどいものがありました。

猫屋敷教授の言葉は正論なんだろうけど。
世田介くんには絶望的に合っていない。

この巻で登場するゲスト講師の小野冴夏は、藝大が苦手とするタイプの芸術家らしいけれど、一般人からは人気が高く、実際に売れている。

歌が上手い人が、売れている歌手とは限らない。
仕事ができるから、昇進できるとは限らない。
真面目で優しいから、モテるとは限らない。

現実もわりとひねくれていますからね。

世田介くんが猫屋敷教授の教えに従ったからといって、名を残す画家になる保証はありませんし。

売れたかどうかは結果論。
どんな言葉も後付けでしかないと自分は思います。

教育者として導きたい猫屋敷教授。
他人に人生を決められたくない世田介くん。
この二人の意見がどこで交わるのか。
それとも平行線のままなのか。
今後のやりとりにも注目です。

ブルーピリオド10巻は世田介くんが、自分自身について考えるような描写が多くて、なかでも絵を描いていた意味を見出し、涙するシーンは衝撃的でした。

何回自問自答を繰り返すんだって思いつつ。
リアリティってこういうことだよなって感じます。

同じミスをしないように。
っていう反省をもう何回していることか。
ゲームみたいに経験値がたまれば必ずレベルアップする人生だったらどれだけ楽だったか。

講師陣の飾らない言葉を正面から受け止める八虎と世田介くんは凄くカッコよかった。

11巻は佐伯先生が再登場ということで。
もう、凄く待ち遠しいですね。

ブルーピリオド(最新刊)11巻の発売日

発売間隔から予想するとブルーピリオド11巻は2021年12月くらいになると思います。

スポンサーリンク

ブルーピリオドの読者におすすめの漫画

あなたの好みに合いそうな漫画
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • 女の園の星
  • メタモルフォーゼの縁側
漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】でしているので、そちらもよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました