2020年注目の新作漫画

【アンデッドアンラック】不死身の男と不運な女が最高の死を求めるバトル漫画

4.5
アンデッドアンラック1巻の表紙画像

主人公が死を望んでいる物語の結末にハッピーエンドはあるのか……。

この記事では週刊少年ジャンプで連載中のバトル漫画『アンデッドアンラック』の感想や魅力を紹介したいと思う。

不死と不運?

そう、死ぬことができない主人公と、触れた者に不運をもたらすという能力を持っているヒロインが、否定者と呼ばれる存在である自分たちを始末しようとする敵と戦うバトル漫画。

画力が高いわけではないのですが、テンポよく物語が進んでいき、単行本で読んだときの満足度がかなり高い!ストーリーでオススメできる漫画とはまさにこのこと!

アンデッドアンラックの裏表紙画像
アンデッドアンラックの裏表紙画像
くろごま
くろごま

主人公らしくない主人公っていいよね

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アンデッドアンラックのあらすじ

死を覚悟した風子の前に現れたのは、不死の体を持つ謎の男。

触れた者に不運を呼ぶ風子の力によって死ぬため、風子と行動を共にすることを決めたアンデッドのアンディだが、二人にある組織からの追手が迫って―!?

アンデッドアンラック1巻より引用

ネタバレ注意!アンデッドアンラックのストーリーや魅力

チェンソーマンと同じ感覚になる漫画

バトル漫画といっても、僕のヒーローアカデミアみたいに戦闘描写が際立っているわけでもないし、キャラデザとか画風は地味だし……なのに単行本で読んだときのスピード感が凄く好印象だった。

ジャンプ漫画らしくない主人公の言動とかは、チェンソーマンと同じタイプだなと個人的には思った。

品はないけど紳士的ではある…

不運と不死身の能力者が出会う

本作はヒロインの出雲風子が自殺しようとしているシーンから物語が始まる。

風子は「私の体に触れると…えっと…不治の病気に感染して…死ぬ」と刃物を群集に向けながら話し、誰も風子を止められずにいたところ、自ら刃物に刺さりに行って、しかも風子の顔面をわしづかみにする男がいた。

風子は不運を呼び寄せる体質で、男には電車にひかれるというとんでもない出来事が襲うのだが、なぜか生きていて……。

そう、この男は不死身の体質で、ありとあらゆる不運をもたらす風子の力を借りて、自分の人生を終わらせようとするのだ。

否定者と呼ばれる能力者たちのバトル漫画

アンデッドアンラックはなにもこの二人だけで物語が構築されているわけでなく、能力者たちのバトル漫画となっていく。

敵の男は「我々はあなた達のような選ばれなかった否定者達や世を害するUMA等を管理する者です」と話し、二人を捉えようとする。

不死・不運・不可避・不変……。
何かを否定している者たちの戦いは、けっして派手な能力バトルではなく、どちらかといえば頭を使いながら戦っているという印象。

単行本1巻の完成度はとても高く、10巻を超えたらどうなるんだろうとワクワクさせてくれる内容で、正直驚いた。

ヒロインの風子はピュアで可愛らしく、また不死の男・アンディは品のない言動とは裏腹に紳士的な一面も見せている。

連載を追いかけている人に、どれだけ受け入れられるのか不安なところだが、戸塚慶文さんにはぜひ頑張ってほしいものだ。

アンデッドアンラック(最新刊)3巻の発売日

アンデッドアンラック3巻は2020年9月4日に発売です。

アンデッドアンラックの出版社や連載誌

アンデッドアンラックは集英社から刊行されている漫画誌・週刊少年ジャンプで連載中です。

本作を書店で探すのなら『鬼滅の刃』や『チェンソーマン』という漫画の近くにあると思いますよ。

レビュー【チェンソーマン】借金地獄から公安の犬となって悪魔と戦う漫画が面白すぎる!!

くろごま
くろごま

以上、アンデッドアンラックの紹介でした

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】のほうでしているので、興味がある人はそちらのブログもよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました