2019年4月からアニメ化される漫画

王様ランキング感想|気づいてよかった…絵柄で避けるのはやめてほしい漫画

王様ランキング画像
この記事は約4分で読めます。

漫画を本屋で購入するときに、表紙は貴重な情報源となっています。

好みでない絵柄だったために一度はスルーしたものの、SNSでの購入報告や感想を読んで考えを改めた作品が王様ランキングです。

読んでいくうちに凄くハマり、感情移入し、なるほどと納得しました。

それくらい王様ランキングはファンタジーとして面白い作品となっています。

くろごま
くろごま

ストーリー全推しです。絵柄も結局は気にならなくなるんですよね

スポンサーリンク

王様ランキングのあらすじ

耳が聞こえない、非力な王子・ボッジ。王族の長男でありながら、周りからは王の器でないと噂されていた。そんな中、ボッジに初めて友達ができる。名前はカゲ。誰よりも一生懸命なボッジと少しひねくれ者だけれど、優しいカゲ。カゲとの出会いで、ボッジの人生は大きく変わり出す――。描き下ろしもたっぷり収録した1・2巻同時発売!

王様ランキング1巻より引用
  • 漫画誌:マンガハック
  • 出版社:KADOKAWA
  • 作者:十日草輔
  • ジャンル:ファンタジー

王様ランキングのネタバレ注意な感想と魅力

スポンサーリンク

この絵柄になった理由

マンガで一番重要ともいえる絵柄。

王様ランキング2巻のあとがきでは表現したいことが増えたこと、絵本作家の敷居が高いことでマンガとして描かれたことが明かされている。

絵本みたいだなと思ったのは間違ってはいなくて、図書館とかにぜひ置いてほしい漫画となっている。

笑われたっていい。そんな勇気に触れられる漫画です|江口拓也(声優)

キャラクターの奥深い描写が凄い。心を動かす必読の作品|ピエール中野(凛として時雨)

王様ランキングの帯コメントより引用

キャラの二面性が魅力

タイトルの王様ランキングとは高名な騎士を数多く従え、国民が多く、街が発展しているなどの指標、なにより王様がとても強いことを条件に各国の王様を順位付けしたもの。

ストーリーをざっくり話すと耳が聞こえない・言葉も話せない非力な少年ボッジが初めてできた友達・カゲとともに王様になるために頑張る物語だ。

自分がなるはずだった王様という立場を性格の悪い弟に奪われ、信頼していた部下からも裏切りにあう。

しかし、出てくる登場人物それぞれに物語があり、なぜそういうことをするのか、どういう人物なのかが丁寧に描かれている。

悪い奴だと思っていたら実はすごくいいやつだったり、キャラクターの二面性が魅力となっているのだ。

くろごま
くろごま

ボッジも実は深い愛情を貰っているんですよね

本物の勇気を描いた漫画

どれだけ傷ついても、恥ずかしい思いをしても前に進むしかない。

流行の異世界転生や俺tueeeでは味わえない物語がここにはある。敵の思惑が交差し、ランキングが話に絡んできたときにどういう展開をみせるのか……。

王様ランキングをぜひ読んでみて欲しい。



王様ランキング2巻の感想記事

次の記事では王様ランキング2巻のネタバレ注意な感想と見どころを紹介します。

スポンサーリンク

エンターブレインからおすすめする漫画

王様ランキングが連載している『マンガハック』ではなく、出版社であるエンターブレインからおすすめする漫画です。

本屋で王様ランキングを探す場合、この漫画の近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。

漫画をもっと読む

背丈は9センチ。森の奥で暮らす彼女たちは、とっても小さいのです。

ハクメイとミコチ。緑深き森で暮らしている、小さなふたりの女の子。木の洞(うろ)に家を造ったり、葉っぱを傘にしたり、昆虫や鳥の背に乗ったり……身長9センチメートルなら、そんな事も出来るのです。
そーっと覗いてみませんか? 穏やかで愉快で、とびきり愛らしいその生活を。

ハクメイとミコチ1巻より引用

舞台はアイスランド島、北緯64度のランズ・エンド。
17歳の主人公・御山慧には3つの秘密があった。
ひとつ、クルマと話ができる。ふたつ、美人な女の子が苦手。
3つ、その職業は、探偵――。
あるときは逃げ出した飼い犬を連れ戻し、またあるときはひと目ぼれの相手を探し出す。
愛車ジムニーを駆りながら、胸のすくような探偵活劇が、いま始まる!
若き魔法使いの成長を描いた『乱と灰色の世界』から2年。入江亜季の最新作は極北の大地が舞台の“エブリデイ・ワンダー”!!

北北西に曇と往け1巻より引用
タイトルとURLをコピーしました