2020年注目の新作漫画

【スーパーベイビー 感想】黒ギャルという衝撃とピュアな内容に惹きこまれる恋愛漫画

5.0
スーパーベイビー1巻の表紙画像

ギャル系ヒロインの漫画といえば主人公を挑発する言動が多い、刺激的なモノが多いという印象だが、そんななかで黒ギャルという遥か上を行く設定でありながら、内容で評価される凄い漫画があった。

この記事ではWEBマンガサイト・コミックトレイルで連載中の恋愛漫画『スーパーベイビー』の感想や魅力を紹介したいと思う。

ジャンルで敬遠する人も多そう…

自分はSNSで『2巻でだいぶ印象が変わるよ』みたいなコメントを見つけて、気になって購入したら、まさに!2巻を読んだ後にはもうこのマンガを好きになっていました

黒ギャルのヒロインの素直さと、草食系主人公の受け止める度量、そして抱えている過去……ラブコメというよりも恋愛漫画!かなりオススメの漫画ですよ。

スーパーベイビー1巻の裏表紙画像
スーパーベイビー1巻の裏表紙画像
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スーパーベイビーのあらすじ

トーキョーのすみっこ、町田で暮らす上京ギャル・玉緒はスーパーで働く一見冴えない男子・山田にベタ惚れ。

違和感だらけな二人の恋路は山あり谷あり!

スーパーベイビー1巻より引用

ネタバレ注意!スーパーベイビーのストーリーや魅力

作者・丸顔めめさんの漫画

スーパーベイビーの作者・丸顔めめさんは、これまでにポテン・ヒット・ガールよなよなもしもしという漫画を描いています。

黒ギャル×ピュアな恋愛漫画という新しい感覚

本作のヒロイン・玉緒は熊本県から東京の町田に上京した、いわゆる黒ギャル……表紙に描かれているように見た目は超ド派手なのだが、もともとはヤマンバ?というレベルだったため、これでも削ぎ落されたほう。

攻撃力が高そうなネイルに、もりもりのまつげで、口調は意味不明と、試し読みで無理だなぁとなった人の気持ちはまぁ……理解できる。

そんな玉緒の運命の人はスーパーで働く山田楽丸という地味目な男性

ちょっとしたことがきっかけで、玉緒は楽丸に一目惚れし、そこから猛アタックをしかけることに……。

楽丸は気軽に話しかけてくるギャルという存在にビビっているのだが、鋭利なネイルに怖がっていると知った玉緒は、目の前でその爪を切るという行動に出ている。

これがけっこう印象的なシーンで、新しくつけたと嬉しそうに話している場面から、すぐにこの行動が描かれていて、相手が怖いと言っているからといって、普通にできることではない。

見た目からは想像できない、内面の素直さを、楽丸と同じ瞬間に感じた。

ラブコメではなく恋愛漫画である

楽丸は家族との間に問題を抱えていて、玉緒は過去の恋愛に深刻な闇を抱えている。

癖が強い設定からてっきりラブコメかと思ってしまうが、2巻を読んだときに、そんなライトな漫画じゃねえぞと、ちゃんとした恋愛を描いてるんだぞという姿勢を感じる。

黒ギャルはあくまで個性の一つに過ぎない。

最近は分かりやすくて、シンプルなラブコメ漫画も増えてきているが、たまにはこういう思っていたのと違う!を味わえる漫画もいいよなとしみじみ思った。

正反対の二人の恋路がどうなっていくのか、最後まで見届けたい。

スーパーベイビー(最新刊)3巻の発売日

スーパーベイビー3巻は2021年1月15日に発売予定です。

スーパーベイビーの出版社や連載誌

スーパーベイビーは芳文社が運営しているWEBマンガサイト・コミックトレイルで連載中です。

本作を書店で探すのなら『の、ような』や『夜と海』という漫画の近くにあると思いますよ。

くろごま
くろごま

以上、スーパーベイビーの紹介でした

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】のほうでしているので、興味がある人はそちらのブログもよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました