2021年注目の新作漫画

漫画を紙で購読する自分が電子書籍をおすすめする理由

電子書籍を読んでいる画像

漫画を読むなら紙?電子書籍?という質問には、自分なら電子書籍のほうがオススメだよと答える。

漫画を紙で購入すると部屋が狭くなるし、鬼滅の刃や呪術廻戦が爆発的に流行ったことで、朝に本屋に行かないと売り切れてしまうなんてことも多々あるし、電子書籍に比べて高いし……。

じゃあ、なんで紙で買っているのか?
電子書籍のメリットは?
今後どう使い分けていくのか?
という話を書いていきます。

スポンサーリンク

なぜ漫画を電子書籍ではなくて紙で購入するのか

本を読んでいる女性の画像
紙の購入にこだわる理由
  • 本棚や本屋が好き
  • 紙の質感や匂いが好き
  • どのページからでも読める
  • 買いすぎの防止

結局『好きだから』という理由なんですよね、紙で買い続けるのって。

電子書籍を使い始めた方が色々と便利なのはもうわかっていますし、もはや意地になっているのかもしれません。

電子書籍だと読まなくなったときに売れない!と話す人もいますが、メルカリとかヤフオクを利用するならともかく、中古本の買取は査定が厳しいのであまりお金になりません。

それに電子書籍だと、いつでも買えるという便利さから、財布のひもが緩みそうで怖いという理由もあります。

電子書籍サイトは、有名な漫画や作風が近いものだけをおすすめしてくるので、好みの幅が狭くなってしまうかもしれませんし、本屋で漫画を手に取って選んでいる時間が楽しいから、未だに紙で買い続けています。

漫画を電子書籍で購入するメリット

天秤の画像
電子書籍のメリット
  • ポイントが貯まりやすい
  • カラー版が販売している
  • 傷や経年劣化など気を使わなくていい
  • 最終巻が紙で販売しないケースが出てきた

漫画を電子書籍で購入するメリットは紙よりも安くて、なおかつポイントが貯まりやすいことです。

kindleで青年漫画を購入する場合、電子書籍が60円ほど安く、A5判の大きいサイズのものなんて300円くらい変わるので、年間で考えたときに、この金額の差はあまりにも大きい。

しかも、kindleunlimitedというサービスは月額980円で、多くの漫画や有名なビジネス書が読み放題です。

期間限定でポイント還元キャンペーンとか、色々なセールも行われていますし、電子書籍を利用すれば、より多くの作品を読むことができます。

カラー版があるのと、完結した漫画でもすぐに読めるのも良いですね。

それに最近は、単行本の売れ行きが悪くて打ち切りになった漫画が、最終巻だけ電子書籍で販売するなんてケースがちらほらあるので、紙に特別なこだわりがないなら電子書籍のほうが安心して読めると思います。

漫画を電子書籍と紙で使い分ける

とはいえ、紙か電子書籍かなんてどっちかを切り捨てる必要はなくて、良いとこ取りすればいいだけの話。

電子書籍での購入をオススメ
  • 週刊少年誌系のコミックス
  • 刺激が強めの作品
  • 表紙が好みではない作品

まず、週刊少年誌系のコミックスは10冊はおろか20冊以上になることが多いうえに、装丁に特別感が無いので、電子書籍での購入がオススメです。

次に本棚に飾る場合を考えて、家族や友達に見られたくない作品や、絵柄が別に好みじゃないと感じたものを電子書籍で購読するといいと思います。

使い分けることで、本棚には紙の質感や表紙がお気に入りの、しかも巻数が少ない漫画が残るわけです。

本棚に並べて眺める楽しみは残しながら、部屋はスッキリするので、こういう使い分けはアリだと思います。

まとめ

自分は絶対に紙派!!という人ではない限り、積極的に電子書籍を使用していったほうが、お得に漫画を楽しめると思います。

電子書籍サイトは期間限定で、無料で数巻分読めることも多いので、新規開拓のために色々と見てみてください。

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】のほうでしているので、興味がある人はそちらのブログもよろしくお願いします。
オリジナル収納BOX付セットが魅力!
200万冊以上の本・漫画・雑誌が読み放題
タイトルとURLをコピーしました