2020年注目の新作漫画

【天国大魔境】子供たちが暮らす施設と荒廃した日本という二つの世界を描くSF漫画

天国大魔境1巻の表紙画像

SFはどちらかというと苦手なジャンル。
人の生死を描いていたり、難解な設定が多い印象があるからだ。

そんな自分でもちゃんと面白いと感じる作品はあって、今回紹介する天国大魔境はその一つ。

特殊な能力が芽生えた子供たちが安全に暮らす施設と、荒廃した日本で異形の化物たちと戦う二つの世界観が交錯するSF漫画なんだけど、とにかく読みごたえがある。。

このマンガがすごい2019オトコ編で第1位に選ばれていて、散りばめられた多くの謎や伏線から、先の展開を想像しながら読むのが楽しい作品となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

天国大魔境のあらすじ

子供たちが暮らす、壁に囲まれた緑豊かな施設。
トキオはテスト中に「外の外に出たいですか?」というメッセージを受け取り出たことのない壁の外の世界を想像する。

外の世界では、マルとキルコが廃墟になった日本をサバイバルしながら天国を目指し旅している。

閉ざされた天国と、魔境となった日本。
ふたつの世界を行き来しながら、散りばめられた謎を解き明かせ!

天国大魔境1巻より引用

ネタバレ注意!天国大魔境のストーリーや魅力

作者・石黒正数さんの漫画

天国大魔境の作者・石黒正数さんはそれでも町は廻っている木曜日のフルットという漫画を描いています。

テクノロジーが存在していて子供たちが安全に暮らせる天国

子供の頃は、親の教えや自分の境遇に対して疑問をもつことは少なかったと思う。

だから大人になって色んな人と関わると「これって方言だったのか」とか「これやるのって自分の家族だけ」みたいなことに気づくようになる。

天国大魔境という相反するタイトルの天国のほうでは、子供たちがとある施設で暮らしていて、トキオという少年がある日『外の外に行きたいですか?』と謎のメッセージを受信し、壁に囲まれた施設に疑問を持つようになる。

子供たちが先生と呼ぶのはロボット。
その子供たちも何かしらの能力を持っていて“普通”ではない。

大人たちは何を考え、どういう目的を持って子供たちを育てているのか。
トキオを導こうとしている存在は一体何者なのか。

天国大魔境4巻の画像
天国大魔境4巻の画像
©石黒正数/講談社

荒廃した世界で化物たちと戦いながら人探しをする

いっぽうで大魔境のほうは、マル(男)とキルコ(女)の二人で、サバイバルしながら、天国と呼ばれる場所を目指している。

テクノロジーなど皆無で、空き家を渡り歩きながら、食料や使えそうな道具を物色する日々。

人食いやヒルコと呼ばれる化物の脅威にさらされながら、キルコは自分の抱えている事情について知っているんじゃないか?という人物を探している。

天国大魔境2巻の画像
天国大魔境2巻の画像
©石黒正数/講談社

人と出会えば争いが起きる。
荒廃した世界に秩序はない。

電池ひとつが貴重品で、銃がとんでもない文明の利器に思える。

天国大魔境は衰退した世界でサバイバルしているのも、未知との遭遇も、科学的な一面も、SFというものを想像したときに浮かぶ要素が全部詰め込まれている漫画だった。

謎が新しい謎を呼ぶような漫画なので、SFが好きな人はもちろんのこと、次の展開を考察・想像しながら読みたいという人にオススメなので、興味がある人はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

天国大魔境(最新刊)5巻の発売日

天国大魔境5巻は2020年12月に発売予定です。

天国大魔境の出版社や連載誌

天国大魔境は講談社から刊行されている漫画誌・月刊アフタヌーンで連載中なので、書店で探すのならブルーピリオドワンダンスの近くにあると思いますよ。

本作に興味がある人にはぽんこつポン子もオススメです!

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】のほうでしているので、興味がある人はそちらのブログもよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました