漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル

【放課後ていぼう日誌 感想】生き物が苦手なインドアJKが釣りの楽しさに魅了される漫画

5.0
放課後ていぼう日誌1巻の表紙画像
この記事は約4分で読めます。

趣味でもなければ知識もないのに、釣りや魚をさばく動画は見ていて楽しい。

最後に釣りをした記憶は小学生のころ……夜釣りに連れて行ってもらったところで終わっているが、大人になった今、いつかまた趣味として挑戦できたらいいなと考えている。

というわけで、この記事では2020年にアニメ化される釣り漫画『放課後ていぼう日誌』の感想や魅力を紹介したいと思う。

釣り漫画といっても川や海など、場所や目的によってもストーリーが変わってきて、本作はタイトルにも記載されているように『堤防釣り』が主な活動となっている。

個性豊かなキャラクターたちのわいわいと楽しそうな様子であったり、絵柄の綺麗さなどから、釣り漫画を探している人にはまずオススメしたい作品です。

放課後ていぼう日誌1巻の裏表紙画像
放課後ていぼう日誌1巻の裏表紙画像
くろごま
くろごま

初心者に優しい漫画です

スポンサーリンク

放課後ていぼう日誌のあらすじ

海野高校1年生の鶴木陽渚は生き物が苦手なインドア派。

堤防を散歩中、先輩の黒岩と出会ったのをきっかけに謎の「ていぼう部」に入部させられ釣りをはじめることに! 

個性的な部員たちに囲まれて、陽渚の高校生活どうなるの!?

放課後ていぼう日誌1巻より引用

ネタバレ注意!放課後ていぼう日誌のストーリーや魅力

2020年4月からアニメ化される

放課後ていぼう日誌は恋する小惑星ダンベル何キロ持てる?など多くのヒットアニメを制作している動画工房によって、2020年4月からアニメ化されます。

釣りをする部活動『ていぼう部』を描く漫画

本作は主人公の鶴木陽渚つるぎひなが海が近いほうの田舎に引っ越してきたところから物語が始まり、陽渚は『いなかに引っ越すのは不安だったけど、なんとかなるかな……あとは手芸部入って楽しい高校生活を』と新生活に考えを巡らせている。

陽渚は手芸が好きなインドア少女で「海ってこんなに綺麗なのに気持ち悪い生き物多すぎ……」とフナ虫に毒づくくらいに生き物が苦手

そんな陽渚がどうして釣りにハマることになるのか。
それは黒岩悠希くろいわゆうきという『ていぼう部』の部長に出会ってしまったことがきっかけ。

最初はたまたま散歩中に出会って、話の流れで釣りを教えてくれたのだけれど、陽渚は生き物が苦手……初めて釣り上げたタコに腰をぬかしているところに「ほらこの入部届に名前ば書くだけたい、簡単やろ~」と悠希が悪い笑顔で勧誘するのだ。

手芸部に入るつもりでいたら、ていぼう部というワケの分からない部活に入っていた。

とはいえ、それはムリヤリとかではなく最終的には自分で決断することになる……。

ネコみたいな人懐っこい笑顔が可愛い帆高夏海という幼馴染の存在や、釣った魚をその場で料理して食べるという贅沢な瞬間……苦手なことに挑戦し、乗り越えることで陽渚は釣りにハマっていく。

熊本県芦北町が舞台になっている漫画

本作は熊本県芦北町が舞台になっている漫画で、悠希の「せからしか」や「まぁ…鶴木のへっぴり腰じゃそぎゃん簡単にゃ釣れんやろうし心配せんちゃよかよ」みたいな方言が凄く可愛らしい

マゴチ・イカ・アジコ……堤防から釣りまくる彼女たちの穏やかな日常。

釣り漫画を探している人はもちろんのこと、ほのぼのとした雰囲気が好きだという人や、きらら系漫画が好きだという人にも超オススメだ。

放課後ていぼう日誌の出版社や連載誌

放課後ていぼう日誌は秋田書店が刊行している漫画誌・ヤングチャンピオン烈で連載中です。

本作を書店で探すのなら『青の島とねこ一匹』や『異世界のトイレで大をする』という漫画の近くにあると思います。

てーきゅうの作者・ルーツさんの漫画です

くろごま
くろごま

以上、放課後ていぼう日誌の紹介でした

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】のほうでしているので、20代男がどんな買い物をしているのか、興味がある人はぜひのぞいてみてください。
タイトルとURLをコピーしました