2019年4月からアニメ化される漫画

ミステリと言う勿れ感想「男性には戒めになる」マンガ大賞2019第2位に選ばれるなど話題作

ミステリと言う勿れ1巻画像
この記事は約4分で読めます。

男性が少女漫画コーナーに踏み入るにはとても勇気がいる。目的の漫画がすぐに見つかればいいのだが、どのあたりに置いてあるのか見当もつかずに彷徨うことになるのもしばしば……それでもこの作品はぜひとも読んでほしい。

このマンガがすごい2019で第2位、全国書店員が選んだおすすめコミック第9位に続いて、マンガ大賞2019でも第2位に選ばれた『ミステリと言う勿れ』を。

くろごま
くろごま

マンガ賞の常連さんです
納得の面白さ

スポンサーリンク

ミステリと言う勿れのあらすじ




話題沸騰★青年・久能整!ついに登場!!

『BASARA』『7SEEDS』の田村由美、超ひさびさの新シリーズがついに始動!! その主人公は、たった一人の青年!
しかも謎めいた、天然パーマの久能 整(くのう ととのう)なのです!!

解決解読青年・久能 整、颯爽登場の第一巻!!

冬のある、カレー日和。アパートの部屋で大学生・整がタマネギをザク切りしていると・・・警察官がやってきて・・・!?

突然任意同行された整に、近隣で起こった殺人事件の容疑がかけられる。
しかもその被害者は、整の同級生で・・・。
次々に容疑を裏付ける証拠を突きつけられた整はいったいどうなる・・・???

新感覚ストーリー「ミステリと言う勿れ」、注目の第一巻です!!

ミステリと言う勿れ1巻より引用

漫画誌は?出版社はどこ?

漫画情報まとめ

ミステリと言う勿れの感想と魅力

ミステリと言う勿れネタバレ画像

作者は田村由美さん

1990年代に連載されていたBASARAや2019年6月にはNETFLIXにてアニメ放送が予定されている7SEEDS、増刊フラワーズで連載されている猫MIX幻奇譚とらじなどを描いている作家さんだ。

ストーリーの満足度が高い

主人公の久能整(くのうととのう)が事件に巻き込まれていくミステリ。近隣でおこった殺人事件の容疑者になってしまったり、バスジャックに遭遇してしまったり、相続争いに巻き込まれてしまったり……。そういうふうに話が繋がるんだという意外性がミステリとして十二分に面白い。

ただミステリと言う勿れの最大の魅力は久能整という人間性にある。

記憶力がよく、人の仕草をよく見ている久能はしゃべり始めたら止まらない。「何もしてない僕を冤罪に落とし込むほど警察はバカじゃないと思っていますから。それとも馬鹿なんですか」というセリフにあるように堂々としている。そして彼自身がどういうふうに育ったのかという謎。

言葉遊びとはまた違うセリフの面白さ。「お父さんに愛されたくて構ってほしくてグレましたなんてドラマのなかだけのことですよ。実際はただただ無関心になっていくだけです」と耳が痛くなるようなセリフが詰まっているのだ。

くろごま
くろごま

1冊を読むのに結構時間かかります

男性にもオススメできる

先にも述べたが男性には少女漫画を買うハードルが高い。しかしミステリと言う勿れは男性こそ読んでほしいのだ。嫌味たらしいおっさんにならないために戒めを与えてくれる、そんな漫画だ。



ミステリと言う勿れ5巻発売日

くろごま
くろごま

2019年6月から7頃だと思います
楽しみに待ちましょう

スポンサーリンク

月刊フラワーズ おすすめ漫画

ミステリと言う勿れと同じ漫画誌『月刊フラワーズ』からおすすめする漫画・気になっている漫画を載せておきます。本屋でミステリと言う勿れを探す場合、これらの作品が近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。

坂道のアポロンの作者・小玉ユキ最新作『青の花 器の森』




長崎・波佐見を舞台に始まる、器と恋の物語 

波佐見焼きの窯で絵付けの仕事をしている青子。その窯に、海外で作陶していたという龍生がやってきた。無愛想で人を寄せ付けない龍生に「絵付けされた器に興味ない」と言われ、自分の生き方まで否定された気持ちの青子だが、反発しながらも龍生の器に惹かれていき…?
器に魅せられた男女が出会ったことで、大人の恋が動き出す–!

青の花 器の森1巻より引用
関連コミック

小玉ユキ作品『坂道のアポロン』『小さこの庭』をAmazonで探す

このマンガがすごい!2018オンナ編第1位『 マロニエ王国の七人の騎士』




マロニエ王国の女将軍・バリバラには七人の息子がいた。
彼らの大義は――

「いつかかっこよく
我が国のお姫様を助けること!!」

そんな彼らに与えられた任務とは…!?


『金の国 水の国』の岩本ナオが贈る、中世騎士ものがたり。

●描きおろし ショート番外編「春がくる前の話」 収録
●第1話扉をカラーで収録

マロニエ王国の七人の騎士1巻より引用
関連コミック

岩本ナオ作品『金の国 水の国』をAmazonで探す

タイトルとURLをコピーしました