2019年に1巻が発売された面白い漫画

【薬屋のひとりごと 感想】宮中で起きる事件を薬師だった少女が解決していくミステリ漫画

薬屋のひとりごと1巻の画像
この記事は約4分で読めます。

小説家になろう発のミステリー漫画が超面白い!

この記事では小説家になろう発で月刊ビッグガンガンでコミカライズされている『薬屋のひとりごと』の感想や魅力を紹介します。

漫画賞で1位になったらしい

そう、ニコニコとダヴィンチが創設したユーザー参加型の漫画賞『次にくるマンガ大賞2019コミックス部門』で第1位に輝いた漫画なんです。

詳細はコチラ>>>次にくるマンガ大賞2019大賞は薬屋のひとりごと&SPY×FAMILYに決定!!

花街で薬師をしていた少女が人攫いにあい、行きついた先は帝の子を成すための女の園・後宮。

そこで大人しく働いていた少女が、あふれんばかりの好奇心と持ち前の知識によって次々と事件に遭遇することになるミステリ漫画です。

薬屋のひとりごと1巻の裏表紙画像
薬屋のひとりごとの裏表紙
くろごま
くろごま

納得の面白さでした!

スポンサーリンク

薬屋のひとりごとのあらすじ

「小説家になろう」発! 
ヒーロー文庫の大人気タイトル『薬屋のひとりごと』が、待望のコミカライズ! 

中世の宮中で下働きをする少女・猫猫(マオマオ)。花街で薬師をやっていた彼女が、帝の御子たちが皆短命であるという噂を聞いてしまったところから、物語は動き始める。

持ち前の好奇心と知識欲に突き動かされ、興味本位でその原因を調べ始める猫猫の運命は――…!?

薬屋のひとりごと1巻より引用
この漫画をおすすめするひと
  • 女性が主人公の漫画を探している
  • なろう発のおすすめ漫画を知りたい
  • 謎解き系の漫画が読みたい
好みと合うの?

薬屋のひとりごとの魅力は?

小説家になろう発のコミカライズ

小説家になろうで連載されていた薬屋のひとりごとが、ヒーロー文庫で書籍化されて、さらには月刊ビッグガンガンと裏サンデーでコミカライズされています。

かなり珍しいタイプの漫画

珍しいってどういうこと?

なろう系=異世界ファンタジーもしくは転生系のイメージがあると思いますが、薬屋のひとりごとは中世・中華の宮中という女の園でおこる事件を解決していくミステリー。

ミステリー漫画そのものが希少であり、加えて女性が主人公・知識欲を刺激するという類をみない作品なんです。

猫猫のギャップがとにかく最高

薬草採取をしているときに人攫いにあって売られた先である女の園・宮中で下女として大人しく働いている主人公の猫猫マオマオは、達観しているものの好奇心と知識欲のかたまり。

女性だけの空間ということもあり噂話は日常茶飯事で「後宮で生まれるお世継ぎの連続死!」という物騒な話を聞き、猫猫は“もともと持っている薬師の知識”からその答えに辿り着くのだ。

オンナの欲望がうみだす事件と関わることで、猫猫は薬師として重宝され、壬氏じんしという超絶イケメンからは好意を寄せられるようになる。

猫猫はいわゆるマッドサイエンティストという気質でもあり、自分の体で毒を確かめたり、昂る姿は普段のクールさからは想像できないほど。

この時代において大切な役割のひとつ・毒味をためらうどころか、笑顔でこなす姿がむしろ色っぽくみえるのだ。

感想や評判は?

累計155万部突破したみたいです

コミカライズがふたつあってどちらを購入するか迷ったものの、絵柄の綺麗さでスクエニ版を購入しました。

現代の知識を程よく絡めたミステリーとてしても、女性視点でのラブコメとしても面白い漫画になっている。

まだ読んでいない人はぜひ手に取ってみて欲しい。



書店で目印となる漫画

薬屋のひとりごとを書店で探すのなら、同じく月刊ビックガンガンで連載中のSHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん結婚指輪物語という漫画の近くにあると思います。

くろごま
くろごま

以上、薬屋のひとりごと1巻の紹介でした!

漫画ブログ【ゴマシェルフ】をお気に入り登録やリーディングリストに追加すると再訪しやすくなります。

ブログのお気に入り登録方法

タイトルとURLをコピーしました