2019年に1巻が発売された面白い漫画

ワケアリの家族を描いた【SPY×FAMILY】という漫画が最高だった件

SPY×FAMILY1巻画像
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

発売日当日に書店からなくなり、Amazonですら即日完売という超話題作!!

この記事ではWEB漫画サイトジャンプ+で連載中のホームコメディ【SPY×FAMILYスパイファミリー】のネタバレ注意な感想と魅力を紹介します。

評判通り、そして期待以上にかっこよくて微笑ましい家族を描いた漫画でした。

2019年度に単行本1巻が発売された漫画にランキングをつけるのならベスト5には必ず入るだろうなというレベルでオススメですツ!

SPY×FAMILY1巻のカバー裏イラスト
スパイファミリーのカバー裏イラスト
©集英社/遠藤達哉
くろごま
くろごま

発売から約3週間でようやく購入出来ました

スポンサーリンク

SPY×FAMILYのあらすじ

名門校潜入のために「家族」を作れと命じられた凄腕スパイの〈黄昏〉。

だが、彼が出会った“娘”は心を読む超能力者! 

“妻”は暗殺者で!? 互いに正体を隠した仮初め家族が、受験と世界の危機に立ち向かう痛快ホームコメディ!!

SPY×FAMILY1巻より引用

SPY×FAMILYの魅力は?

作者のTwitterからも試し読みできます

作者・遠藤達哉さんの漫画

SPY×FAMILYの作者・遠藤達哉さんは月華美刃TISTAという漫画を描いています。

スパイと超能力者の親子関係

SPY×FAMILYというタイトルをみて思い浮かべたのはワケアリのキャラクターたちがお互いをけん制しながら、命を狙いあうという構図。

しかし読んでみるときっかけは命令であり、仕事ではあるもののちゃんと“家族”をしている漫画だった。

コードネームが黄昏という凄腕のスパイがこの物語の主人公で名前はロイド・フォージャーとなる。

彼はターゲットの動向を探るように命じられるのだが、その相手が用心深くて唯一現れるのが息子が通う名門校の懇親会。

そう命令によって彼は家族をつくらないといけなくなってしまった。

1週間で結婚はおろか子供なんてまず不可能。

そこでフォージャーは養子をとることにするのだが、名門校に入学させるためにはある程度の知能が必要で、読み書きができるというアーニャという少女に目をつける。

このアーニャこそがSPY×FAMILYを最高に面白くしている存在であり、超能力者だった。

くろごま
くろごま

わくわくしてるアーニャがまじで可愛い

暗殺者の母親が加わり家族ができる

アーニャは超能力者でフォージャーがどういう存在なのかをわかっている。

“かっこいいうそつき”

アーニャはフォージャーのためにも入学試験を超がんばり、三者面談という次のステージに駒をすすめることになるのだが、母親不在という壁が立ちふさがってしまうのだ。

フォージャーはある出来事をきっかけにヨルという女性と協力関係になるのだが、彼女は実は暗殺者でそのことを知ってわくわくしているのはアーニャだけというワケアリ家族になるのだ。

感想と評判は?

次にくるマンガ大賞2019にノミネート&発売から1ヵ月で累計30万部突破という凄すぎる漫画です。

クールに振舞うキャラクターたちが予想外な出来事に困惑したり、熱くなったりする姿は少年漫画らしくてとても楽しかった。

そしてなによりも3人が敵対しているのではなく、利害の一致から家族になるように協力しているのも個人的には良かったポイント。

もちろん今後の展開はどうなっていくのかは分からないが、2019年に発売された漫画のなかではかなり印象に残る作品だ!



続きはコミックで!

書店で探すときに目印となる漫画

SPY×FAMILYを書店で探すのなら、同じくジャンプ+で連載されていた彼方のアストラ地獄楽といった漫画の近くにあると思います。

漫画をもっと読む!
くろごま
くろごま

SPY×FAMILYをぜひ読んでみてください!

漫画ブログ【ゴマシェルフ】をお気に入り登録やリーディングリストに追加すると再訪しやすくなります。

ブログのお気に入り登録方法