2022年注目の新作漫画

【おねぇちゃん日和】関西人姉妹の愉快で軽快な会話が面白いコメディ漫画

4.5
おねえちゃん日和1巻の表紙画像

方言そのものがとてつもない個性を持っているのに、日常会話にすらオチを求めるという関西人の性質は、コミュ障の自分からすると近寄り難い印象です。

関西と一括りにしてはいますが、県が違えば人が変わるので、いやいや大阪のおっちゃん扱いされたら困ると思う方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、それはコッチの問題で。
英語が話せたら海外旅行とかもっと気軽に行けるのにって感覚に近いです。

とはいえ、社会で生きていくうえで、レスポンスの早さや豪胆さは重要だから、純粋に羨ましく感じるんですよね。

さて、今回紹介するおねぇちゃん日和は、関西圏で暮らす姉妹の、何気ないほのぼのとした日常を描くコメディ漫画。

どこか抜けている高校1年生のお姉ちゃんと、中学1年生ながらしっかり者の妹の会話が軽快で、ボケとツッコミが交互にテンポよく繰り返されていく感じが面白い漫画でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おねえちゃん日和のあらすじ

あらすじ

夢咲茜ゆめさきあかね(高1)と夢咲茅恵ちえ(中1)は、関西圏に住むフツーの仲良し姉妹。

かなり自由人なおねぇちゃんの茜と、マジメな妹ちーちゃんによるナチュラル・マンザイ・エブリデイ。

ネタバレ注意!おねえちゃん日和を読んだ感想

おねぇちゃん日和1巻の画像
おねぇちゃん日和1巻の画像
©ネリ夫/KADOKAWA

小ボケとツッコミの応酬が軽快で面白い漫画

「なんでやねん」とか。
「なんやねんほんま」とか。
たとえボケがつまらなくても、笑いに変換ができる強さが、関西弁のツッコミにはありますよね。

もちろん腕があってこその芸当。
しかし、ボケの勢いを殺さないレスポンスの早さが、他県民にとっては羨ましいです。

そんなことはさておき本作では、関西圏で生活している姉妹の日常が描かれていくんですけど、お姉ちゃんの小ボケを即座に拾う妹の、会話のテンポが子気味よくていいんですよね。

ギャグ漫画みたいに表情や絵の表現で笑わせてきたり、漫才みたいに斬新なボケをかますなんてことはありません。

ごく自然な言葉のキャッチボール。
会話だけで楽しめるって地味に凄いんですよね。

だるまさんが転んだで、代謝が動いたは不覚にも噴出してしまいました。

よつばと!とか、今日のさんぽんたとか。
スキップとローファーもそう。

天然なキャラクターの面白さが存分に発揮されていて、これらの作品が好きな人はハマると思います。

4コマ漫画に近い読み心地がある

背景が書き込まれているとか、絵柄が独特とか。
はたまた予測不能なストーリーが面白いとか。
そういう特別感はありません。

シンプルだからこその読みやすさは、4コマ漫画に通ずる部分があって、頭を使わないで楽しめるの漫画って自分は結構好きなんですよね。

姉妹の母親も愉快な人で。
この親にしてこの子あり。
困惑しているお父さんにまた笑えます。
生粋の関西人の家族ってこんな感じなんですかね?

現実だったら大喧嘩に発展しそうなお姉ちゃんのやらかしを、うまく受け止める妹。

二人の漫才のような会話がめちゃくちゃ読んでいて楽しかったです。

ほのぼのとした穏やかな雰囲気の作品とか、ギャグ漫画が好きな人におすすめなので、興味があるならぜひ読んでみてください。

おねえちゃん日和(最新刊)2巻の発売日

おねえちゃん日和2巻は2022年夏頃発売予定なので、詳細が分かり次第追記します。

おねえちゃん日和を無料で試し読みする方法

おねえちゃん日和はメディアファクトリーが刊行している漫画誌・月刊コミックCUNEで連載中なので、コミックウォーカーより無料で第4話まで試し読みできます。

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】でしているので、そちらもよろしくお願いします。
初回限定50%OFFクーポン配布中!
タイトルとURLをコピーしました