漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル

【むねのうちには 感想】眼鏡美人!女性にしか理解できない苦悩を知れる良作漫画

5.0
むねのうちにはの表紙画像

こういうことを教えてくれる漫画はほんとうにありがたい存在だと思う。

この記事ではcomicブーストで連載中の、女性にしか理解できない苦悩と大人の恋愛を描いた漫画『むねのうちには』の感想や魅力を紹介します。

表紙に惹きつけられますね

こういう漫画は書店で入荷されるかわからないので私は通販でポチリましたが、知らないことを教えてくれる、面白いとはまた違うかなり良い漫画だと思います。

むねのうちにはの裏表紙画像
むねのうちにはの裏表紙画像
くろごま
くろごま

絵柄も個性的にかなり好みでした

スポンサーリンク

むねのうちにはのあらすじ

ある日、家に帰った実が扉を開けるとそこにはほぼ全裸の巨乳美女がいた。

彼女は潤さんと言って、家族ぐるみのお付き合いの友人。

実は最近妹のことで悩んでいたことを潤さんに相談する。
そのことをキッカケに、実と潤さんは彼氏さんと彼女さんとしてお付き合いすることになり…。

むねのうちには1巻より引用

むねのうちにはのストーリーと魅力

作者・日坂水柯さんの漫画

むねのうちにはの作者・日坂水柯ひさかみかさん白衣のカノジョすきなひとという漫画を描いていました。

コンプレックスを描いた良作漫画

最近注目されている漫画だと“あせとせっけん”が、汗っかきというコンプレックスと大人の恋愛をうまく描いている作品として挙げられますが、この“むねのうちには”もまた似たようなタイプの漫画といえる。

レビュー記事>>>【あせとせっけん 感想】フェチ×コンプレックスを描いたラブコメ漫画が素晴らしすぎた

持っている女性にしか理解できない苦悩

本作は、両親が旅行先で他界したことで二人暮らしをしている社会人の兄・みのると高校生の妹・あん、それから亡き母が中学教員だった時代の教え子で、兄妹とも交流がある潤さんという女性が主な登場人物。

ある日、実が帰宅するとなぜか潤さんが部屋で××な格好で涼んでいるというとんでもない状況で、それは杏が炎天下のなか歩いてきて汗だくになっている潤さんを気遣ったがゆえのハプニングだった。

杏が潤さんを自宅に招いていたのには理由があり、それは洋裁の仕事をしている潤さんに制服の仕立てを頼んでいたから。

実は成長期の妹が急激に太ってきていると勘違いしていたのだが「高校生の頃、成長が著しくて制服も胸が入らないので大きいサイズを着ていたんですけど、体型にあってなくて太っていると勘違いされる…」と共通の悩みを持つ杏の気持ちを潤さんは代弁するのだ。

その辺が男には分からないところですね

大きめの制服にすればお腹と胸のあいだに空間ができるうえに、白という膨張色で太って見える。

かといってピッタリの制服だと窮屈で「制服に限らず、きちんとした服ほどきちんと着られないです」とコンプレックスだったからこそ、服飾系の仕事をしていると潤さんは話すのだ。

大人の恋愛漫画という要素もある漫画

他人から見れば魅力や長所でも、そこには持っているものにしか分からない悩みというものが存在する。

そして“むねのうちには”は大人な恋愛という、もうひとつの要素をあわせもっている素晴らしい漫画だった。

眼鏡美人や年上のお姉さんにグッとくるひとは、ぜひ読んでみて欲しいものだ。



むねのうちにはの出版社と連載誌

むねのうちにはは幻冬舎が運営しているWEB漫画サイト・comicブーストで連載中です。

本作を書店で探すのなら、このはな綺譚ノケモノと花嫁+という漫画の近くにあると思います。

くろごま
くろごま

以上、むねのうちにはの紹介でした!

漫画ブログ【ゴマシェルフ】をお気に入り登録やリーディングリストに追加すると再訪しやすくなります。
タイトルとURLをコピーしました