2022年注目の新作漫画

【図書館の大魔術師6巻】差別思想や自尊心に囚われるメディナは改心できるのか?

図書館の大魔術師6巻の表紙画像

この記事では司書が主役の王道ファンタジー漫画『図書館の大魔術師6巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します。

5巻では総代候補のひとりであるテイとの出会いやメディナが差別思想を振りまく様子が描かれました。

その続きとなる、図書館の大魔術師6巻では、メディナと同様の境遇を経験しているオウガとシオが彼女にどう向き合うのか?怒り任せではなく、言葉で説き伏せる格好良さに惚れ惚れしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

図書館の大魔術師6巻のあらすじ

あらすじ

民族大戦の休戦から95年。
大陸は一つの転機を迎えていた。
各自治区を統治した英雄たちは次々と退き、新たな長が生まれ、かつてパレナ議定書に誓いを立てた英雄は中央としょかんの長ただ一人となっていた。

そんな中央としょかん二代目総代の候補となったシオと同期のテイ。

彼女は自身が持つ強大なマナのせいで人と距離を置いていたが、シオが手を差し伸べたことで徐々に心を開いていく。

一方シオへの敵意をむき出しにしたメディナは、ますます孤立を深めていた。

【ネタバレ注意】図書館の大魔術師6巻を読んだ感想

他人に優しくできるかは、自分のメンタル次第。
心が荒んでいるときにSNSは特に危険。
スルー安定、FF外の呟きに突っ込む意味無し。
これ言ったら喧嘩になるって理解していても、ブレーキが緩みそうになる瞬間があるんですよね。

最近は、ようやく差別や誹謗中傷に対する罰則が適応され始めましたけれど、それでも減る気配はありません。

それだけ、感情をコントロールするのは難しく、身を置く環境がいかに大事なことか……。

図書館の大魔術師6巻で描かれるのは、授業についていけていない三人組のひとり、メディナについて。

非行に走る少年少女たちのなかには、家庭環境に闇を抱えているケースが多く見受けられるとのことで、同情の余地を感じながらも、だからといって許せるかどうかは別問題。

メディナの言動は明らかにライン超え。
すぐさま武力行使に至らないのはさすがカフナの卵たちと言えましょう。

怒りに支配されることなく、彼女を理解しようとするシオ。
自身も差別を受けていた経験がある故の寛容さ。
そんな彼がどんな言葉を紡ぐのか。
5巻を読み終わってからとても楽しみにしていました。

己の血統しか誇れる物が無かったメディナ。
試験に合格した理由が父親の財力だと知り、プライドがへし折られた彼女は心にもないことを口走る。

そんなメディナに1度目は忠告、2度目は嗜め、3度目に闘争だと本気を見せるシーンはめちゃくちゃカッコよかったし、しびれました。

個人的に図書館の大魔術師6巻で一番好きなのは、自分の努力量を気にして、睡眠を削ってまで勉強に取り組もうとしているシオをイシュトア先生が一喝するシーン。

できるところまで頑張るの問題点。
必要なのは時間以内にやりきるという決意。
量をこなすことで質が下がる。
目標設定や努力の本質を間違えないように導く先生の鑑!
やはり、良いファンタジー漫画には良い師がいますね。

【最新刊】図書館の大魔術師7巻の発売日

発売間隔から予想すると、図書館の大魔術師7巻は2023年4月以降になると思います。

スポンサーリンク

図書館の大魔術師の読者におすすめの漫画

その他の商品レビューは【ゴマロク】でしているので、そちらもあわせてご覧ください。
初回限定50%OFFクーポン配布中!
タイトルとURLをコピーしました