漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル

【ヴァンピアーズ 感想】死を望む吸血鬼に一目ぼれした少女を描く百合漫画

ヴァンピアーズの画像

吸血鬼にして百合漫画という珍しさ!

この記事では月刊サンデーGXで連載中の百合漫画『ヴァンピアーズ』の感想や魅力を紹介します!

なんか重そうな雰囲気を感じますね

吸血鬼という設定は畏怖の象徴であったり、可哀想な設定が多いですからね。

本作も“死を望んでいる”のと“恋愛”という部分からすると、重い雰囲気を感じることは否定できませんが、会話がコメディ調であったり、想像とは違う面白さがありました。

ヴァンピアーズの裏表紙画像
くろごま
くろごま

キャラクターが面白いです

スポンサーリンク

ヴァンピアーズのあらすじ

ヒトの少女と吸血鬼の少女、小さな恋の物語 

「然るべき相手は自分の心が教えてくれるもの」

14歳の一花は亡き祖母の教えを胸に刻み、まだ見ぬ王子さまが自分の心を奪ってくれるのを待っていた。

そんな彼女が心を奪われてしまったのは怖いくらいにきれいでかわいい異国の少女。

そして、人の血を吸う吸血鬼。

ヴァンピアーズ1巻より引用

ヴァンピアーズの魅力

作者・アキリさんの漫画

ヴァンピアーズの作者・アキリさんはストレッチという漫画を描いていました。

吸血鬼と百合漫画のハイブリット

人の血を好み、にんにくや十字架が嫌いで・日光が触れれば消滅してしまうというホラーやファンタジーでは定番となっている吸血鬼というキャラクター。

他にどんな漫画があった?

ときかれても意外と思い出すことはできないのですが…。

大好きなおばあちゃんが亡くなり、そのお葬式に訪れた一花いちかはまだ14歳の少女で『一花ちゃんは自由に自分の心に耳をおすまし。よう心を奪われるっちゅうやろ。それは逃げられるようなもんやない』というおばあちゃんの言葉にしたがい待っていた。

まだ見ぬ王子様が自分の心を奪う日を。

しかし一花が祖母のお葬式で出会ったのは、アリアという美しい金髪の少女だったのです。

お姫様と出会ってしまったと

外国人のような風貌で、みるからに年齢はおなじくらいなはずなのに、アリアは一花の祖母・千代の友人だと話し、“探しもの”を手伝ってほしいと頼む。

アリアが探しているのは“自分を殺すための剣”であり、みつけたときには一花に“お願い”をするのだ。

しかし一花にとっては惚れた相手を殺す剣など邪魔でしかなく、結界が張ってある、もとにあった場所に戻してしまう……。

この漫画における吸血鬼は基本的には不老不死であり、ヒトの血を飲み、記憶を変更する力があるということ。

その力を使用して、一花と剣が欲しいアリア。
そしてアリアの下僕という吸血鬼との不思議な同居生活が始まるのだ。

感想や評判は?

百合漫画が好きな人には超おすすめです。

はじめは重そうだなぁーと思い見送ったのですが、SNSで購入報告が流れてきて購入を決めました。

読んでみたら会話のテンポもよく、登場人物は綺麗、吸血シーンの描写は「歯が皮膚を破る鈍い痛みは、鍵盤をぽんと鳴らしたときのようにすぐに減衰して…」と文章まで美しい。

仄暗い雰囲気をまといながらも、自由気ままに動くキャラクターたちにくすりと笑わされるような漫画だった。



ヴァンピアーズの出版社と連載誌は?

ヴァンピアーズは小学館が刊行している月刊サンデーGXで連載しています。

ですから本作を書店で探すのなら、同じ雑誌で連載しているやはり俺の青春ラブコメは間違っているゾン100の近くにあると思います。

詳細はコチラ>>>【ゾンビになるまでにしたい100のこと 感想】ブラック企業で疲弊した男が全力で楽しむ漫画

くろごま
くろごま

以上、ヴァンピアーズの紹介でした!

漫画ブログ【ゴマシェルフ】をお気に入り登録やリーディングリストに追加すると再訪しやすくなります。
タイトルとURLをコピーしました