漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル

【ミステリと言う勿れ 最新刊5巻 ネタバレ注意】子どもを救う“炎の天使”の正体に久能整が迫る!

5.0
ミステリと言う勿れ5巻の表紙画像

この記事では月刊フラワーズで連載中の大人気漫画『ミステリと言う勿れ5巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します。

クリスマスのお話…

4巻では広島での相続争いの話が完結し、ライカという謎の美女が登場しました。

ミステリと言う勿れ5巻ではそのライカの暗号に従っていくうちに、子供を救う“炎の天使”という都市伝説じみたトラブルに遭遇することになっていきます。

ミステリと言う勿れ5巻の裏表紙画像
ミステリと言う勿れ5巻の裏表紙です
くろごま
くろごま

久能整の言葉は本当にささりますね

スポンサーリンク

ミステリと言う勿れ5巻のあらすじ

話題沸騰シリーズ 新章突入! 

坂で転がり落ち、検査入院することになった整。
その病院で出会った謎の美少女・ライカの言葉に導かれて動く内に、整は不穏な都市伝説に遭遇する。
子どもを救う”炎の天使”とは一体――!?

マンガ大賞2019 第2位&[このマンガがすごい!2019]オンナ編 第2位の話題作、新展開の第5巻! 

ミステリと言う勿れ5巻より引用

ミステリと言う勿れ5巻のネタバレ注意な見どころ

ライカという女性に導かれる久能整

久能整は土手から転げ落ちてしまったことで検査入院することになり、そのときに暗号のようなものを病院内に残していたライカという謎の女性に出会った。

ミステリと言う勿れ5巻でも彼女の暗号というかメッセージは描かれていて、事件に導かれるように物語が進んでいき、ますますライカという女性がどういう存在なのかわからなくなるのだ。

ミステリアスとはこういうことですね

炎の天使という子供を救う犯罪者

「おめでとう。これで君は自由になった。もう殴られることもない、水に沈められたり、熱湯をかけられることもない」と燃え盛る住宅を眺めながら会話している二人の男性。

炎の天使が子供を虐待する親を焼き殺しに来る、天使は美しくお香の香りをふりまくという都市伝説があり、親を殺してほしい子供が家の壁にマークを描くと天使が来てくれるというのだ。

そのマークがある放火現場に、ライカの暗号によって久能整は導かれる。

ライカは多くを語らない。
説明を求める久能整に「見たとおりだ。うちの病院にもある。南の外壁に」と自分が入院している場所が火事になるかもしれないとライカは話す。

そして久能整は病院でストレスをためこみ、赤いものが視れないという病気を抱えた、カエル男と出会うことになり、しゃべりまくるのだ。

ミステリと言う勿れ5巻の感想

久能整の「桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿って知ってます?桜は傷つけたら枯れちゃうんですよ?」というセリフに対してライカは「桜は傷つけちゃダメで、梅は傷つけてもいい?」という返答をする。

自分の言動や善意が必ずしも正しいとは限らないと考えさせられる、そういう描写が散りばめられていてすごい作品だと実感させられる内容だった。



ミステリと言う勿れ6巻の発売日予想

発売間隔から予想すると2020年2月ごろだと思います。

月刊flowersからおすすめする漫画

ミステリと言う勿れが連載されている月刊flowersからおすすめする漫画です。

書店で青の花器の森マロニエ王国の七人の騎士を探すのなら、ミステリと言う勿れの近くにあると思います。

くろごま
くろごま

以上、ミステリと言う勿れ5巻の見どころ紹介でした!

漫画ブログ【ゴマシェルフ】をお気に入り登録やリーディングリストに追加すると再訪しやすくなります。
タイトルとURLをコピーしました