2021年注目の新作漫画

【王様ランキング8巻】冥府の王・デスハーの人物像やその過去が描かれる

王様ランキング8巻の表紙画像
スポンサーリンク

この記事では、アニメ化が決定し、このマンガがすごい2020で第7位にランクインしたファンタジー漫画『王様ランキング8巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します。

7巻ではヒリングを守るために罪人たちと戦う、ボッジの主人公として大活躍する場面がようやく描かれましたが、王様ランキング8巻では冥府の王・デスハーがどういう人物なのか、過去やその目的が明らかとなっています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

王様ランキング8巻のあらすじ

あらすじ

ボッス王国へ乗り込んだ冥府の王・デスハー。
対峙するドーマスとホクロの運命はいかに!
そして、デスハーが目論む真の目的とは!?
一方、ボッジとカゲもギガンとともに「冥府への入り口」へと迫っていた。

ネタバレ注意!王様ランキング8巻を読んだ感想

王様ランキング8巻のデスハーの画像
王様ランキング8巻のデスハーの画像
©十日草輔/enterbrain

ファンタジーとかバトル漫画の悪役キャラって、戦闘狂とか自己中心的であることが多い。

王様ランキングにおける配役だと、てっきり冥府の王・デスハーがそういう感じなのかと思っていたんだけど、この8巻で印象が全く変わった。

王様ランキング8巻はドーマスとデスハーが対峙している場面から始まるが、圧倒的な強者である彼にとって、たかが戦士の一人など眼中にない。

狙っているのはミランジョ。
そして、その先にいる魔人の存在。

ボッジと相見えて、弱者であった少年が、自分の弟に鍛えられて目の前にいるという現実を楽しみ、デスパーの「あなたではボッジ君にかないませんよ」という分析を受け入れる器量がある。

行動の理由や過去をちゃんと描いているのが、王様ランキングの魅力。

デスハーは決して善人ではないけれど、責任を理解している、紛れもない王様だった。

そしてボッジは、かつて自分を死へと追いやったドーマスと再会する。

ボッジは過去を受け入れて前に進むことができるのか?

また、オウケンが不老不死になった経緯は?
ボッジの母親が殺され、ミランジョが倒された描写など、気になることも多く描かれている。

悪知恵が働く厄介な小悪党との戦いや、ミランジョの心意がどう描かれるのか、これからの展開を楽しみに待ちたいと思う。

王様ランキングの読者におすすめの漫画

あなたの好みに合いそうな漫画
  • 葬送のフリーレン
  • ダンピアのおいしい冒険
  • 僕の心のヤバイやつ
漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】でしているので、そちらもよろしくお願いします。
初回限定50%OFFクーポン配布中!
タイトルとURLをコピーしました