2019年4月からアニメ化される漫画

猫のお寺の知恩さん9巻感想「大団円」アクセルを踏むことなく最後まで穏やかな恋愛

猫のお寺の知恩さん9巻画像

このエントリーをはてなブックマークに追加

富士山さんは思春期カテキンの作者が描く、猫がたくさん暮らすお寺に居候することになった男子高校生と、年上のお姉さんとの同居生活『猫のお寺の知恩さん9巻』が2018年12月27日に発売された。

本作は週刊スピリッツでの連載が完結しており、この9巻でコミックスも最終回を迎える。8巻では成人式を迎えた知恩さんがお寺を継ぐことを決心し、残るは源と知恩さんの関係が恋愛に発展するのかどうかのみだ。

スポンサーリンク

猫のお寺の知恩さん9巻のあらすじ


猫のお寺を継ぐことを決めた知恩さん。
こんどは源の誕生日!
みんなのプレゼントは――?

志望する東京のつらねの大学をみんなで見学。
すこしずつ見えてくるそれぞれの未来。
昼間が、ついに勇気をだして……!
そして源もまた前へ進む時がきた――
猫いっぱいのお寺で暮らした恋と青春、ついに大団円。

猫のお寺の知恩さん9巻より引用

猫のお寺の知恩さん9巻の見どころ・感想

猫のお寺の知恩さん9巻ネタバレ画像

2018年も完結漫画が多い

2018年も多くの作品が完結してしまった。アニメ化された作品でパッと思いつくのは『東京喰種re』『ハイスコア・ガール』『甘々と稲妻』『恋は雨上がりのように』など。そして私の大好きなラブコメ『僕らはみんな河合荘』もそうだ。

はちゃめちゃなラブコメだった河合荘に対して、猫のお寺の知恩さんはどこまでも穏やかにゆっくりと進んでいく作品だった。

お寺が背景にあるという理由もあるだろうけれど、言葉ではなく表情で伝えるような、知恩さんの大人っぽさといたずら好きが混在したギャップは本当に好きだった。

スポンサーリンク

東京観光

東京に進学希望の昼間は源と知恩さんに連れられて、つらねが通う大学の見学。その後知恩さんはつらねに連れていかれて、源と昼間はふたりで東京を見て回るのだ。

ラブコメといっても人の気持ちがハッキリと描かれることはなく、あくまで気づいてくれというスタンスで本作の恋愛は描かれていて、最後までどうなるのかは分からなかったのは昼間に関しても同じだ。

昼間がサポーターで隠していた傷跡を源は「名誉の負傷」と言った。

そのことを引き合いにかっこいいだろと昼間は笑顔をみせるのだ。昼間の目標は最初から変わらず東京の大学に行くこと。源にとっては地元。しかし源は“犬どろぼう”であることを選ぶのだった。

最後まで穏やかに

漫画に波乱万丈を求めている人も多いかもしれないが、私はこうあってほしいと思うままに進んでくれたことがとても嬉しい。恋愛はハッピーエンドであってほしいからだ。

帯には幸せは“なる”ものでなく“感じる”ものなのかもと書いてあり、表紙には満面の笑みを見せるテンと白黒の猫“マメ”が描かれている。読後にはこの表紙がもっと好きになるはずだ。



オジロマコト先生の最新作がくる!

週刊スピリッツ おすすめ漫画

猫のお寺の知恩さんと同じ連載誌『週刊スピリッツ』からおすすめする漫画・気になっている漫画を載せておきます。本屋で探す場合、これらの作品は猫のお寺の知恩さんの近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。

サッカーファンに読まれている本格派『アオアシ』



愛媛に暮らす中学三年生・青井葦人(あおいアシト)は、ある日、Jリーグのユースチーム監督・福田達也(ふくだたつや)と出会う。粗削りながら、無限の可能性を秘めたアシトを、福田は自チームのセレクションに誘い!?
日本のサッカーを変えることになる少年の運命は、ここから、急速に回り始める―――!!

仮面ライダーW正統続編『風都探偵』



小さな幸せも、大きな不幸も、常に風が運んでくる風の街・風都。翔太郎とフィリップはその風都で鳴海探偵事務所に所属する私立探偵である。「街を泣かせる悪党は許さない」というふたりの元に、今日も数々の超常的な事件が持ち込まれる…!!