2020年注目の新作漫画

【となりの妖怪さん】妖怪と人間が共生している世界で起こる不思議な話を描く漫画

4.5
となりの妖怪さん1巻の表紙画像

怪談を聞いていても、妖怪の話が出てくることはほとんどない。
想像の産物か、それとも神隠しという言葉があるように、別世界の生き物なのか、興味は尽きない。

今回紹介するとなりの妖怪さんは、妖怪と人間が共生している世界観のなかにある日常と、少し不思議な出来事を描いている漫画で、妖怪として生まれ変わったときに、自分はこれからどう生きていくのかという苦悩や葛藤が描かれています。

nohoさんの温かみのある絵柄が、ほのぼのとした雰囲気を上手く演出していて、そこに仄暗い話が2割ほど交じっているという大人向けの面白さがある漫画です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

となりの妖怪さんのあらすじ

ある夏の日、ハタチの長寿猫・ぶちおは突如進化して猫又になる。

自分が妖怪になった理由を探して、思い悩むぶちおだが……。

お山を守るカラス天狗・ジローと、少女むーちゃん。

天狗の仕事を覗き見していたむーちゃんは、別人のようなジローの姿を目にする。

そんなとき、町には不吉を呼ぶ鵺が現れたと噂され――。

となりの妖怪さん1巻より引用

ネタバレ注意!となりの妖怪さんのストーリーや魅力

試し読みは作者のTwitterからもできます

猫又のぶちおの成長をほのぼのとした雰囲気で描く

本作は妖怪と人間がなんの違和感もなく共存している世界観で、小学生の男の子が「ウチのネコ、猫又になるかもしれんくて……」と話しているところから、物語が始まる。

今までは分からなかったネコの気持ち。
それが猫又になった今は伝わる。

ぶちおは「猫又ってただでさえ目立つし……そもそも僕こんな顔で笑われるし」と、ネガティブな感情を爆発させていて、少しずつ社会に順応していく。

猫又にはどんな力があって、自分はこれからどうなりたいのか。
高校生が自分の進路に悩むように、ぶちおは周囲の助けを借りながら成長していく。

となりの妖怪さん1巻の画像
となりの妖怪さん1巻の画像
©noho/イースト・プレス

なんでもない日常のそばに潜んでいる不思議な出来事

8割くらいは田舎で過ごす妖怪たちのごく普通の日常漫画っていう感じ。

だが、むーちゃんという少女のお父さんが“虚無”に飲み込まれた話や、ぶちおの先生役を請け負った化け狐の百合さんの過去など、緊張感のあるエピソードもちゃんとある。

となりの妖怪さん2巻の画像
となりの妖怪さん2巻の画像
©noho/イースト・プレス

有名な都市伝説“きさらぎ駅”も描かれていて、想像をかき立たせる。

書店で手に取ったときに「重たい」と感じるほどページ数がけっこうあって、飽きがこないような物語の構成もまた、となりの妖怪さんの魅力だろう。

時間をかけてゆっくり読める漫画とか、家族で回し読みできるような漫画を探している人に超オススメなので、興味がある人はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

となりの妖怪さん(最新刊)3巻の発売日

となりの妖怪さん3巻は2020年10月17日に発売予定です。

となりの妖怪さんの出版社や連載誌

となりの妖怪さんはイースト・プレスが運営しているWEBマンガサイト『マトグロッソ』で連載中なので、書店で探すのなら塩田先生と雨井ちゃんダンピアのおいしい冒険の近くにあると思いますよ。

本作に興味がある人には、ぽんこつポン子もオススメです!

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】のほうでしているので、興味がある人はそちらのブログもよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました