漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル
スポンサーリンク

【夢中さ、きみに 感想】シュールな日常とマイペースな登場人物の虜になる短編集

5
夢中さきみにの画像

冒頭15ページで3回は笑った。

この記事では発売と同時に話題沸騰となった短編集『夢中さ、きみに。』の感想や魅力を紹介したいと思います!

絵柄だけならホラーとかサスペンスっぽい

しかし読んでみると、変人というかマイペースな男子高校生たちのシュールな日常であったり、胸がスッと軽くなるような物語があったり、友情が描かれていたり。

ひとつの言葉におさめることが難しい……凄さというものがありました。

夢中さきみにの裏表紙画像
夢中さ、きみにの裏表紙です
くろごま
くろごま

2019年に発売された漫画でもトップクラスの面白さでした

スポンサーリンク

夢中さ、きみにのあらすじ

気になる君はうしろの席に――。

古屋兎丸先生も夢中!?
「ずっとワヤマさんのツイッターやピクシブで漫画やイラスト拝見してました。実は隠れファンなんです!古屋兎丸」

WEBなどで噂の作品たちが待望のコミックス化。
話題の作品「うしろの二階堂」は全ページ加筆修正のうえ、30ページ以上の描き下ろし続編を収録。

夢中さ、きみにより引用

夢中さ、きみにの魅力

帯の推薦コメントは古屋兎丸さん

あらすじでも記載されているように、帝一の國アマネギムナジウムの古屋兎丸さんが推薦コメントを書いています。

林というマイペースな少年が関わる物語

短編集と聞くとまったく別世界の物語の集合体というイメージがあるのかもしれないが、本作に限っては林という少年が登場する物語と、うしろの二階堂という物語の大きく分けてふたつ。

短編集初心者にも読みやすいですね

中高一貫校に所属する彼らの日常に、林というマイペースな少年が登場するのだが、それがあまりにシュールで面白すぎる。

体育祭の借り物競争で“かわいい人”というお題で連れていかれて「僕のこと橋本環奈だと思ってたの?」と1ヶ月も僕かわいい?とウザからみしたり、パンダの着ぐるみで友人の家に行って職質されたり……。

はたまたSNSで仮釈放と名乗る林が文学少女とのあいだでラブロマンスがあったり、いじめの第三者になったりと、多くの出来事に林というキャラクターが関わっている。

一言で表せば変人?

と言いたいところなのだが、読んでいるうちに“そもそも普通ってなに?”と思うようになってしまうのだから、この漫画は凄い。

うしろの二階堂では友情がうまれる

二階堂という陰気で暗い少年は、うわさが伝言ゲームのように形を変えて伝わっていき、誰からも話しかけられることがないほどクラスどころか学校で孤立している。

そんな二階堂の前の席に座ることになった生徒視点で物語が描かれていくのだが、二階堂はもともと人気者だったにもかかわらず、女子からの“激ヤバなプレゼント”によって人間関係にトラウマができて、変人を演じているということを知るのだ。

いじめというほど重いテーマが描かれているわけでも、感動的な友情というわけでもない。

でも読み終わると、こういう話いいよな~としみじみ思うのだ。

感想や評判は?

重版続々、Amazonでは50を超えるレビューがついています

言葉にするのがすごく難しい、なんとも不思議で、とても面白い一冊でした。

これというテーマが表にみえているわけではないが、裏には全部あり、キャラクターたちは誰もが魅力的で、ときたま「心に余裕があるうちは意味のないことをしていたいんだ」と良いことを言っていたり。

気づけば二回目を読み始めている自分がいた。
短編集を探しているひとには間違いなくオススメできる良作です。



オススメの短編集>>>【4Pショート・ストーリーズ 感想】SNSで活躍する豪華執筆陣による短編集

夢中さ、きみにの出版社は?

夢中さ、きみにはenterbrainのレーベル・BEAMCOMIXより発売されている短編集。

本作を書店で探すのなら、王様ランキング生理ちゃんという漫画の近くにあると思います。

詳細はコチラ>>>気づいてよかった!【王様ランキング】は絵柄で避けるのはやめてほしいWEB漫画

くろごま
くろごま

以上、夢中さきみにの紹介でした!

漫画ブログ【ゴマシェルフ】をお気に入り登録やリーディングリストに追加すると再訪しやすくなります。
タイトルとURLをコピーしました