2020年注目の新作漫画

【ハイキュー45巻感想】堂々完結!BJ対ADついに決着!最後までスピード感が素晴らしい漫画だった

ハイキュー45巻の表紙画像

この記事では大人気バレーボール漫画『ハイキュー』の最終巻となる45巻の見どころや、作品に対する感想を書いていきたいと思います。

44巻では影山の幼少期や宮侑&木兎の成長などが描かれていたけれど、ハイキュー45巻では佐久早と牛島のエピソードを絡めて、激戦のAD対BJを締めくくっています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハイキュー45巻のあらすじ

それぞれに信念を背負い、培ってきた力全てを注ぎぶつかり合う選手達…!

BJ対AD、ついに決着!!
日向は牛島の猛打を止められるのか、そして影山との対決の結末は⁉

バレー漫画の金字塔、ここに完結――!!

ハイキュー45巻より引用

ネタバレ注意!ハイキュー45巻の見どころ&感想

佐久早と牛島のエピソードが描かれる

ハイキュー45巻は、全国三大エースの内・唯一試合が描かれなかった佐久早聖臣という人物像から描かれていて、高校No.1リベロの古森元也と従兄弟同士だと意外な関係性が明かされている。

超潔癖で几帳面な佐久早の特徴は、手首の柔らかさが生み出す強力な回転。
そしてサーブレシーブの上手さ。

彼がレシーブに磨きをかけるようになったのは、牛島の存在がきっかけであり、だからこそ影山と初めて会ったときに牛島がなんで負けたんだと気にしていた。

佐久早は「若利くんはなんでそんなに強い?」と聞き、牛島は「運が良いと思う」と答えている。

強者で在るために何度でも強さを捨てよう。
改良されたフォームから放たれる一撃はハンパなくカッコいい。

ハイキュー45巻の画像
ハイキュー45巻の画像
©古舘春一/集英社

最終巻とあって日向と影山の存在感もマシマシ。
日向は自身を囮にするだけでなく、牛島のスパイクをAパスで返すまでに成長した。

それぞれのキャラクターの活躍に横断幕が浮かび上がる演出は鳥肌が立つほどカッコよかった。

ハイキュー45巻の画像
ハイキュー45巻の画像
©古舘春一/集英社

激戦のAD対BJ戦が終わっても、まだ終わってほしくない。
まだ読みたいと思わせる描写が続くまま、ハイキューの完結。

ハイキュー!!シリーズを読み終わった感想

自分は古舘春一さんの前作『詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談』が好きだったので、打ち切りになったときは悲しかったし、ハイキューが始まったときはめちゃくちゃ嬉しかったのを覚えている。

バレーボールのことを何も知らない自分でも惹きつけられるような変人速攻。

だけどそれは必殺技なんかではなく、技術のひとつにすぎないという現実。

どのキャラクターも魅力的で『誰が一番好き?』って聞かれても答えはでないかもしれないが、リベロのカッコよさ『すげえレシーバーは必ずしも目立つワケじゃないんだぜ』は印象に残っている。

正直スポーツを見る目がだいぶ変わった。

個人的にはスラムダンクアイシールド21に並ぶ、平成を代表するスポーツ漫画だと思う。

自分のメンタルが落ちたとき。
この漫画を読み返せば顔が前を向くはず。

8年間楽しませてもらった感謝と、次回作への期待でいっぱいだ。

ジャンプコミックスのおすすめ漫画

ハイキュー!!は集英社が刊行している漫画誌・週刊少年ジャンプで連載されていた漫画なので、書店で探すのならBURN THE WITCH呪術廻戦の近くにあると思いますよ。

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】のほうでしているので、興味がある人はそちらのブログもよろしくお願いします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Kindleユーザー必見!ポイント獲得小技!
Amazonギフト券残高にチャージすることで、少量ずつですがポイントが貯まります。 まだ一度も利用したことがない方はキャンペーンのエントリーボタンを押してから、チャージすることで1000ポイントが獲得できますよ!!
完結漫画
ゴマシェルフ
タイトルとURLをコピーしました