2022年注目の新作漫画

【葬送のフリーレン7巻】南の勇者の功績など一級魔法使い試験が終わって再び旅路へと話は戻る

葬送のフリーレン7巻の表紙画像

この記事ではマンガ大賞2021で第1位に輝き、累計560万部を突破した後日譚ファンタジー漫画『葬送のフリーレン7巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します。

6巻では、一級魔法使いの第二試験並びに、ゼーリエとの面接が描かれました。

その続きとなる葬送のフリーレン7巻では、再び愉快な旅路に話が戻り、ヒンメルが魔王を討伐する道を切り開いた南の勇者や、シュタルクとフェルンのデートの話が描かれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

葬送のフリーレン7巻のあらすじ

あらすじ

勇者たちとの過去を未来へ運ぶ魔法使い・フリーレン。
魔法使い試験を終え、魂の眠る地への旅路を歩みます。

出会いと別れを経て、思い起こされる勇者たちの言葉――
物語は、魔王亡き後の世界を垣間見せる。
英雄たちの心の内を物語る後日譚ファンタジー!

ネタバレ注意!葬送のフリーレン7巻を読んだ感想

2巻以上にわたって続いた一級魔法使い試験の話も、ゼーリエとの面接でようやく終わりを迎えました。

ゼーリエとフリーレンは同じく師匠キャラ。
デザインもそんなに違いは無いのに、前者のほうが圧倒的にお姉さん感があるのはなんでですかね。

ドSキャラのほうが精神年齢が高く見えるのか。
立場がそう感じさせるのか。
フリーレンのように弱みを見せていないからか。

でも、おっとりした天然タイプや、だらしないお姉さんキャラも可愛いと思えるし、なんで年齢自体に魅力を感じるのかって、言語化するのが難しいですよね。

そんな話はさておき、自分はファンタジー漫画における試験編が結構苦手だったりします。

新キャラが当て馬のように扱われると萎えるし、高難易度を謳うほど試験内容に面白さが無いのが現状で、まぁナルトやハンターが凄すぎたってのはあるんですけど……。

フリーレンがどうだったかといえば、実は悪くないヤツと、最後までミステリアスだったキャラで綺麗に別れたのは良かった。

ゼーリエも究極に口が悪いだけで、弟子との思い出がちゃんと心の中にあるって、最後に描かれたのも良い締めくくり方だったと思います。

ただ、そもそも一級魔法使いの試験を受ける経緯が、その資格が無いと立ち入れない場所に行くためなんですけど……。

魔王を討伐する以上の実力の証明ってあるの?
特例でよくね?って思っちゃうんですよね。

まぁ、特別扱いしない世界のほうが健全だし、フェルンの今後のためってのも理解できるんですけどまぁ、個人的には可もなく不可もなくってエピソードでした。

この巻で印象的だったのは、魔王を討伐したのがヒンメル達ってだけで、その道をつくった人類最強と謳われた南の勇者がいたってこと。

複数の勇者がいたことが明かされていて、今後の展開の楽しみができましたね。

葬送のフリーレンは出会いも別れも凄くあっさり。

その理由が「涙の別れなんて僕達には似合わない。だってまた会ったときに恥ずかしいからね」というヒンメルの言葉なのは笑いました。

【最新刊】葬送のフリーレン8巻の発売日

葬送のフリーレン8巻は2022年6月17日に発売です。

葬送のフリーレンの読者におすすめの漫画

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】でしているので、そちらもよろしくお願いします。
初回限定50%OFFクーポン配布中!
タイトルとURLをコピーしました