2022年注目の新作漫画

【よふかしのうた13巻】星見キクはマヒルを完全に自分の物にするために彼の家庭環境を踏み荒らす!

よふかしのうた13巻の表紙画像

この記事では2022年7月よりアニメ化されている大人気吸血鬼青春漫画『よふかしのうた13巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します。

12巻では星見キクの情報を持っている鶯アンコをめぐって、謎の新キャラ達と戦いを繰り広げる展開となりました。

その続きとなるよふかしのうた13巻では、星見キクがマヒルを完全に自分のモノにするために、彼を縛っていた家庭環境をぶち壊す、胸がざわつく展開が描かれていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【PR】無料でよふかしのうたのアニメを視聴する方法

2022年7月より放送されたよふかしのうたのアニメは、U-NEXTの31日間無料トライアルで視聴可能、さらには漫画の購読にも使用可能な600ポイントプレゼント中です!

よふかしのうた13巻のあらすじ

あらすじ

異色の吸血鬼、星見キク。
魔性の夜の、幕が開く。
ナズナやアザミをも武力で上回る謎の女吸血鬼とコウの激闘に決着…!

その一夜の結末は――
「マヒル君、私ね、行きたいところがあるの」

一方、マヒルはキクに請われるがまま、とある場所へと向かう。

彼を待ち受けるものとは…?
キクによる衝撃の夜が始まる。

【ネタバレ注意】よふかしのうた13巻を読んだ感想

吸血鬼設定の漫画は毎年、湯水のように湧いてきますが、ここまで読み応えのある漫画はそうそうあるものではありません。

2022年7月よりアニメ化されていますし、10巻以上発売されているから、そんなことは周知の事実なんですけど、この巻は特に凄い!と再認識させられました。

類似作品が多岐にわたる漫画は、固定観念を崩したり、新しい設定やルールを付け加えることで、その作品だけの特徴や世界観を確立しています。

よふかしのうたも、人間時代の自分と結びつける物が吸血鬼の弱点になるという独自の設定が、物語に深みを与えていますけども、この星見キクという女は吸血鬼感を濃くした存在なんですよね。

吸血鬼が人間の血を吸えば吸血鬼になるという流説。
よふかしのうたではそれを否定して、恋をすることを条件に加えました。

そこに、よふかしのうた13巻で注釈が加えられる。
吸血鬼から惚れた相手の血を吸えば、人間を殺してしまうと。

それを確かめた者はいない。
ただの噂に過ぎない話だが、もしも本当なら。
星見キクはマヒルを使って愛の証明をしようとしている。

言葉だけの薄っぺらい物ではなく。
愛を死という形で確かめようとしている。

よふかしのうた13巻は、読んでいて本当にぞわぞわしました。

実子を亡くしたマヒルの母親には同情します。
しかし彼にしたことは看過していいものではありません。

だから、星見キクが家庭の事情に踏み入ったことに、怒りは感じなかったし、マヒルの母親が過去の過ちを認めて正気に戻ったことを考えれば、星見キクの行動は善なんですよね。

過去や未来がどうであれ、マヒルにとって星見キクという存在は、聖母のように見えているでしょう。

こういうのって他人事じゃないから怖いんですよ。
自分も友達の裏の顔を見たとして、一瞬で縁を切れるかと言われたら絶対無理ですし。

良心の呵責に苛まれるのが何よりもキツイ。
だから判断が遅れて、取り返しのつかないことになる。

理知的な人が無茶苦茶なことをしている印象の星見キク。
トラウマから解放され、言葉通り彼女の物になったマヒルはこれからどうするのか。

普通ならここから和解の道はあり得ないところですけど、コトヤマ先生がどう物語を紡ぐのか楽しみですね。

【最新刊】よふかしのうた14巻の発売日

Q
よふかしのうた14巻の発売日はいつ頃ですか?
A

2022年12月16日に発売予定です。

スポンサーリンク

よふかしのうた13巻の読者におすすめの漫画

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】でしているので、そちらもよろしくお願いします。
初回限定50%OFFクーポン配布中!
タイトルとURLをコピーしました