2022年注目の新作漫画

【ダンダダン3巻】白鳥愛羅がアクロバティックさらさらの能力に目覚める

ダンダダン3巻の表紙画像

この記事では、このマンガがすごい2022で第4位にランクインしたオカルトバトル漫画『ダンダダン3巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します。

2巻ではオカルンの男の象徴が行方不明になったり、アクロバティックさらさらと呼ばれる近代妖怪が登場しました。

その続きとなるダンダダン3巻では、アクロバティックさらさらの悲しき過去や、予想だにしなかった展開、セルポ星人の再登場など盛りだくさんな内容になっています、

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダンダダン3巻のあらすじ

あらすじ

ターボババアとの戦いの時に失った男の大切なタマを探すオカルンとモモ。

一方、タマを拾ったことで、霊力に目覚めた美少女・愛羅は、超能力者モモを悪魔と勘違いしモモを呼び出す。

しかしその場に、赤いワンピースの女・アクロバティックさらさらが現れ二人を強襲!? 

モモと駆け付けたターボババアの力を宿すオカルンが応戦するが、その最中に愛羅に危機が!?

果たしてアクロバティックさらさらの正体と愛羅との関係は?

錯綜する愛と不可思議現象のコラボーレーション第三巻!!

ネタバレ注意!ダンダダン3巻を読んだ感想

ダンダダン3巻の画像
ダンダダン3巻の画像
©龍幸伸/集英社

ダンダダンって、劇的な面白さがあるかといわれると、そうじゃないんですけど、明確な敵組織が登場しないまま物語が進んでいくのが、けっこう好きなんですよね。

家庭教師ヒットマンリボーンとか、結界師の序盤みたいな、次はどんな話になるんだろう、どんなビジュアルの敵が出てくるんだろう、みたいな楽しさ。

オカルンとモモの日常のすぐ側に不思議が隣接している雰囲気も良いですよね。

さて、ダンダダン3巻の前半では、勝利してすぐ次の話に移行するかと思っていたアクロバティックさらさらの、まさかの悲しすぎる過去が描かれます。

アクロバティックさらさらの都市伝説に、そういう曰くがあるわけではなく、もちろんフィクション。

アクロバティックさらさらが、なぜ愛羅のママだと執着しているのか、その理由が明かされています。

いくつもの仕事を掛け持ちし、ときには自分を商売道具にして、女手一つで娘を育てていたが、最後にはその愛娘を悪い男達に連れ去られてしまった悲しき女性の成れの果て。

化物になってしまった彼女。
幼い愛羅が、自分の母親と勘違いして「ママ」と呼びかけたことで、記憶の一端を思い出した。

予想していなかった胸を締め付けられる重い過去と、結末。

ダンダダンの中盤からは、モモの超能力が開花するきっかけになった宇宙人と再び戦うことになるんですけど…。

オカルンがターボババアを憑依するように、愛羅がアクロバティックさらさらを身に纏う展開が描かれるんですよね。

ドタバタラブコメのサブヒロインで落ち着くかなと思いきや、まさかの参戦で楽しくなってきました。

ダンダダン4巻の発売日

ダンダダン4巻は2022年3月4日に発売です。

ダンダダンの読者におすすめの漫画

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】でしているので、そちらもよろしくお願いします。
初回限定50%OFFクーポン配布中!
タイトルとURLをコピーしました