2021年注目の新作漫画

【図書館の大魔術師4巻】セドナとの再会とシオが預かった本について描かれる

図書館の大魔術師4巻の表紙画像
スポンサーリンク

この記事ではgood!アフタヌーンで連載中の大人気ビブリオファンタジー漫画『図書館の大魔術師4巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します。

3巻では手に汗握るような大興奮の司書試験編が描かれました。

その続きとなる図書館の大魔術師4巻からは、司書見習いとなったシオがセドナと再会する最高にカッコいい場面が描かれています。

スポンサーリンク

図書館の大魔術師4巻のあらすじ

あらすじ

試験に合格し憧れの司書への第一歩を踏んだシオはアムンの村を離れ、本の都・アフツァックへとやってきた。

シオと同じく司書試験に合格した個性豊かな同期生たちとともに見習い司書としての生活が始まる――!!

ネタバレ注意!図書館の大魔術師4巻の感想と見どころ

図書館の大魔術師4巻の画像
図書館の大魔術師4巻の画像
©泉光/講談社

図書館の大魔術師4巻はシオが村からアフツァックへ向けて空の旅をしているところから始まります。

その道中、灰白色の死という白い霧に大陸が囲まれているという情報が描かれているんですけど。

HUNTER×HUNTERの暗黒大陸や、トリコでいうグルメ界を想起させるような場所は、いずれシオが一人前のカフナになったときに物語に関わってくるんでしょうか。

そして学園モノみたいなテンションで。
シオと一緒に試験を突破した同期たちと出会うことになります。

しかし、シオの知識レベルは下から三番目という現状で、かなり厳しいスタート。

見習い教育主担人のイシュトア=セロスという老師は、静寂の地鳴りルオ・オーライという呼び名通りの迫力を持つ人物で、シオは終始、周囲の実力差に圧倒されることに。

だが、成績上位三名は自分の希望する圕十二室に入ることができると「本当になりたい進路は己の手で勝ち取るしかない!」とセロスの言葉で、シオは闘志を燃やす。

図書館の大魔術師4巻の中盤では、表紙や作中の文章で、たびたび記載されている風のカフナの作者・ソフィ=シュイムがまさかのキャラクターとして登場

現在分かっているのは、35歳の女性でシオと同期であるということだけ。

この物語がシオの英雄譚となるのならば、ソフィ=シュイムはどういう立ち位置のキャラクターとなるんでしょうかね…。

セドナは圕十二賢者で大陸最強の魔術師と謳われる存在となっていて、圕十二室のトップがずらーっと並んでいる描写はめちゃくちゃかっこよずきた。

セドナがカッコつけたがりなのは相変わらず。
シオは預かった本について「あれは危険な本です…悪用しようと思えば…皆が必死に創り上げてきたこの社会を破壊することができる!」と話しています。

希望に満ちた再会と不穏な情報。
同期たちの性格やバックグラウンドも。
圕十二賢者の実力も気になるところばかりで大興奮の内容だった。

図書館の大魔術師の読者におすすめ漫画

あなたの好みに合いそうな漫画
  • 最果てのソルテ
  • 葬送のフリーレン
  • 杖と剣のウィストリア
漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】でしているので、そちらもよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました