2021年注目の新作漫画

【ダンジョン飯10巻】狂乱の魔術師・シスルとついに直接対決へ!!

ダンジョン飯10巻の表紙画像

この記事では魔物の生態や迷宮の謎を魅力的に描くグルメファンタジー漫画『ダンジョン飯10巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します。

9巻ではカナリアの隊長・ミスルンの過去について描かれたりしましたけれど、ダンジョン飯10巻では迷宮の主・シスルとついに直接対決する展開となっていきます。

スポンサーリンク

ダンジョン飯10巻のあらすじ

台所の決戦、開幕!
迷宮最深部にたどり着いたライオス達。
彼らを襲うのは、キメラファリンを伴った迷宮の主・シスル。

最強の敵を前に、全滅は回避できるのか⁉

ダンジョン飯10巻より引用

ネタバレ注意!ダンジョン飯10巻の見どころ&感想

ダンジョン飯10巻の画像
ダンジョン飯10巻の画像
©九井諒子/エンターブレイン

ダンジョン飯10巻は翼獅子が囚われている狂乱の魔術師の家を見つける場面から物語が始まる。

ライオスが意を決して扉を開けると、そこには割られた無数の鏡があり、食卓には時が止まったかのように眠り続けている人達がいた。

あまりにも異様な家に、シスルが狂乱の魔術師と呼ばれる所以を、肌で感じとるライオス一行。

不穏な気配を感じながらも、探索を続けていると、襲い掛かってくる魔物が現れる。

それは鳥の魔物・不死鳥で、何度倒しても蘇る魔物に苦戦しながらも、ライオスは『全ての魔物は黄金郷の民を傷つけることができない』という迷宮の規則を利用して戦うことに。

その後、ファリンが見つけた、狂乱の魔術師が使用していた同じ装丁の本の封印を解くことになり、翼獅子との会話が描かれている。

翼獅子の封印が解かれたことは、シスルにも伝わり、キメラファリンを引き連れて戻ってくるという……。

ライオスはキメラファリンの身体構造からして、十分な食事が取れていないのではないか?という仮説から、足止めの方法を考える。

生き返らせることができるとはいえ、実の妹を手にかけるなんて並大抵の覚悟ではできない。

だからこそライオスの「奪う覚悟と奪われる覚悟だ」というセリフと表情は印象的だった。

ダンジョン飯10巻の後半には、シスルが皆を守りたいという想いがどんどん空回っていき、自己中心的な考えに囚われてしまう原因となるエピソードが描かれている。

ダンジョン飯10巻の画像
ダンジョン飯10巻の画像
©九井諒子/エンターブレイン

この巻も情報量が結構多くて、ファリンがめちゃくちゃ頑張っていたし、その裏にある願望にもエルフ特有の悩みがあって……。

まだ翼獅子のことを信用できるわけでもないし、ミスルンたちと遭遇したわけでもないので、物語はまだまだ続きそうだと思うんだけど、とにかく盛り上がりが凄かった。

ファリンの眩しい笑顔がもう一度見られるように、ライオス達には頑張ってほしい。

ダンジョン飯の読者にオススメの漫画

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】のほうでしているので、興味がある人はそちらのブログもよろしくお願いします。
オリジナル収納BOX付セットが魅力!
200万冊以上の本・漫画・雑誌が読み放題
タイトルとURLをコピーしました