2019年に1巻が発売された面白い漫画

パンダ探偵社1巻感想「センスの塊」2018年最後の話題作が素晴らしかった

パンダ探偵社1巻画像
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

1年のうちに多くの漫画が新しく誕生するものの、これは凄い!面白いと広まる作品はかなり少ない。2018年も終わろうとしているなか、マンガ好きのあいだで絶賛が相次いだ作品がある。それが『パンダ探偵社』だ。

この作品は架空の奇病をテーマに描いた作品であり、ヒューマンドラマや小説・映画などが好きな人におすすめしたい大人向けの一冊だ。

くろごま
くろごま

本屋で売ってなかったので私はアマゾンで取り寄せました

スポンサーリンク

パンダ探偵社1巻のあらすじ



身体が徐々に動植物に変化していきやがて人格が失われる不治の病“変身病”。パンダ化進行中の半田と学生時代の先輩・竹林は変身病に関わる案件専門の探偵業を営む。

そんな彼らに舞い込む5つの依頼、その結末は…⁉

ヒトでなくなっていく変身病者たちの覚悟と選択、そして残された者に宿る勇気と希望の物語。

パンダ探偵社1巻より引用

出版社や連載誌は?

漫画情報まとめ
  • Web漫画サイト:トーチweb
  • 出版社:リイド社
  • 作者 :澤江ポンプ
  • 過去作:悟りパパ
  • ジャンル:探偵・ドラマ

パンダ探偵社1巻のココが凄い!

パンダ探偵社1巻ネタバレ画像

心理描写が濃い漫画

変身病という奇病にかかり、パンダの風貌になった主人公の半田が学生時代の先輩・竹林とともに変身病に関わる案件専門の探偵業を営んでいく。この病気の行きつく先は人間としての記憶も心も失うという残酷なものだ。

半田自身パンダになりかかっていて人間としての終わりが間近に見えているぶん「忘れられないからヒトなんじゃないか。ヒトなんじゃないかよ」という強い思い、葛藤を抱えている。そしてそれは変身病に関わるすべての登場人物に言えることだ。

トリになりかけている少女は嘘に敏感で、イルカになりかけている水泳選手は全てを失い、シカになりかけているおっさんは動物としての本能に目覚め、植物になりかけている少女はプレッシャーと戦っている。

暗闇を抱えながらも光を探そうとしている人間らしさが濃く描かれていて、一度読んだらなかなか忘れられないのではないかと思う。

くろごま
くろごま

雰囲気最高なマンガです

印象的だったシーン

変身病にかかり人間の心を失った男「肉が違う、骨が違う、血ィが違う」と笑顔で狂気にまみれた男に半田が“コイツころす”という動物的に思ってしまったシーン。

スポンサーリンク

帯コメントが凄い

くろごま
くろごま

あらためて帯って重要だよなって思わされた。

ネームも、心を映す豊かで詩情溢れる絵も研ぎ澄まされすぎて、同業者として怖くて読むとき薄目になっています。『ラブロマ』『金剛寺さんは面倒臭い』――とよ田みのる

最新天才作家・澤江ポンプの不穏な抒情、機微にあふれる豊かな人間描写、堪能しました。売れてくれ、澤江!『レイリ』『バイオレンスアクション』――室井大資

澤江さんは、優しい目のまま、人間の矛盾だらけの本質を見続ける勇気を持った漫画家さん。本当に憧れます。『メタモルフォーゼの縁側』――鶴谷香央理

パンダ探偵社1巻帯コメントより引用



トーチweb おすすめ漫画

パンダ探偵社と同じweb漫画サイト『トーチweb』からおすすめする漫画・気になっている漫画を載せておきます。本屋でパンダ探偵社を探す場合、これらの作品が近くにあると思うのご参考までにどうぞ。

マンガ大賞2019第5位『サザンと彗星の少女』



300年後の世界。破滅を呼ぶ生命体。巨大船の謎。

他惑星へ出稼ぎに出ている地球の青年サザンは、ある夜、赤い髪の少女・ミーナと出会う。彼女は体内に強大な力を秘めており、そのエネルギーを狙って腕自慢の盗賊たちが次々と襲ってくるという。再会を約束した日、何も言わずに姿を消したミーナ。彼女を追う中で「破滅を呼ぶ生命体」の存在を知ったサザンは―

オールカラー&フルアナログ作画!
80’sの世界観で描く驚異の新人の圧倒的デビュー作!!

2018年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞『ニュクスの角灯』



1878年(明治11年)、動乱の幕末は遠ざかり、長崎では海外貿易で莫大な利益を得る商人が多く現れはじめていた。
西南戦争で親を亡くした少女・美世(みよ)は奉公先を求めて鍛冶屋町の道具屋「蛮」(ばん)の扉を叩くが、そこで彼女を待っていたのは、店主・小浦百年(こうら・ももとし)がパリ万博で仕入れてきた最先端の品々と、それらに宿るベルエポックの興奮と喧騒だった……
ジャック・ドゥーセのドレス、ダニエル・ペーターのミルクチョコレート、シンガー社のミシン、セーラー服、エジソンの蓄音機、革ブーツ、眼鏡、幻灯機(マジック・ランタン)……
先進と享楽の都・パリ渡来からやってきた“夢の品々”に導かれ、少女はまだ見ぬ世界へ歩み出す……