2020年注目の新作漫画

【衛宮さんちの今日のごはん 感想】Fateシリーズのスピンオフが雰囲気最高のグルメ漫画だった

5.0
衛宮さんちの今日のごはん1巻の表紙画像

もともとは18禁ゲームだったFateも今ではアニメに映画と大人気シリーズとなりました。

この記事ではそんなFateシリーズに新しく加わったスピンオフ漫画『衛宮さんちの今日のごはん』の感想や魅力を紹介します。

2015年にアニメ化されているFate/stay night [Unlimited Blade Works]やアプリゲーム『Fate/Grand Order』である程度の知識を持っているひとは多いと思います。

本編では敵だったキャラクターたちが、同じ食卓を囲んで衛宮の料理を食べている……雰囲気最高、そして嬉しいレシピ付きのグルメ漫画として完成度が高いです。

衛宮さんちの今日のごはん裏表紙画像
衛宮さんちの今日のごはん1巻の裏表紙画像
衛宮さんちの今日のごはんカバー裏イラスト
衛宮さんちの今日のごはん1巻のカバー裏画像
©角川書店/TAa/TYPEMOON
くろごま
くろごま

絵柄がまた綺麗なんですよね

スポンサーリンク
スポンサーリンク

衛宮さんちの今日のごはんのあらすじ

Fate×料理=優しさ
誰でも衛宮士郎の料理が作れる!

衛宮士郎が自慢の手料理で、冬木の住人やサーヴァントたちをほっこりさせちゃいます! 詳細なレシピも付いて、だれでも士郎の手料理を同調開始(トレース・オン)!

衛宮さんちの今日のごはん1巻より引用

ネタバレ注意!衛宮さんちの今日のごはんのストーリーや魅力

Fateを詳しくない人でも読める漫画

Fateはアニメもゲームも有名だし、二次元コンテンツを断絶していない限りは、タイトルくらい聞いたことがある作品だと思う。

とはいえキャラクターの過去や因果関係などすべてを把握している人はそれほど多くはないはず……かくいう自分もFate/stay night [Unlimited Blade Works]を見たくらいの知識レベル。

ゼロとは言えないが、ちょっとでも事前知識があるなら、衛宮さんちの今日のごはんは十分に楽しめる漫画だと思う。

Fateなのに一切争いが描かれない平和な漫画

Fateといえば聖杯戦争……すなわち戦いが魅力的な作品で、アニメの美麗な映像には衝撃を受けた。

しかし衛宮さんちの今日のごはんではそういう描写は一切なく、ランサーは魚屋でバイトをしていて、お客さんにおすすめを聞かれて「今日はキンメがいいよお嬢さん」と答える姿はとても様になっている。

イリヤ、桜、凛、キャスターにライダーなど、アニメで火花を散らしていたキャラクターが敵味方関係なく主人公の衛宮士郎と一緒に食卓を囲んでいるのだ。

これはあくまでスピンオフ。
物語の本筋とは一切関係がないものの、Fateを全く知らないというひとには、逆にとても良い入り口になるのではないかと思う。

キャスターに料理を教える衛宮士郎

1巻で印象的だったエピソードについては、キャスターが「ちょっと坊や、教えて欲しいことがあるのですけれど」と衛宮から料理を習うというもの。

里芋の煮っころがし、みそ汁、小松菜の和え物を習うことになり「宗一郎様に作って差し上げるのが楽しみです」と微笑む、キャスターの幸せそうな笑顔が本当に魅力的に描かれている。

ちなみに衛宮さんちの今日のごはんは2018年にアニメ化もされていて、そちらの映像もほっこりするため、興味がある人は見てみることをオススメする。

衛宮さんちの今日のごはんの出版社や連載誌

衛宮さんちの今日のごはんはKADOKAWAが運営しているWEBマンガサイト・ヤングエースUPで連載中です。

本作を書店で探すのなら『賢者の孫』や『ヘテロゲニアリンギスティコ』という漫画の近くにあると思います。

くろごま
くろごま

以上、衛宮さんちの今日のごはんの紹介でした!

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】のほうでしているので、興味がある人はそちらのブログもよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました