2020年注目の新作漫画

【あの人の胃には僕が足りない】グルメではなく怪異ファンタジーというギャップが最高の漫画

5.0
あの人の胃には僕が足りない1巻の表紙画像

タイトルと表紙の雰囲気が印象に残っている漫画は、内容を気にせずポチってしまうんだけど、たまに思っていたのと違う!けどめっちゃいい!と期待を上回ることがある。

今回紹介するあの人の胃には僕が足りないは、グルメ漫画だと思って購入したら、怪異ファンタジーとおねショタ風なラブコメが丸っこくて可愛い絵柄で描かれている超ドストライクの作品だった。

キャラクターの謎や葛藤などファンタジーとしての魅力も、ラブコメとしての魅力も、どちらもハイレベルで描かれている結構凄い漫画でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あの人の胃には僕が足りないのあらすじ

好きだから、骨の髄まで君が欲しい。
異「食」の恋愛×怪異ファンタジー!

料理上手な中学生・舟次蒔江は恋をしていた。
あこがれの彼女は・高等部の先輩・満腹さち。

得意の料理で胃袋を掴んで、いつかは先輩と……!

そんな蒔江の甘い初恋は、さちが抱えた重大な秘密のせいで、命がけのラブストーリーへと変貌を遂げる――!

あの人の胃には僕が足りない1巻より引用

ネタバレ注意!あの人の胃には僕が足りないの内容や魅力

作者・チョモランさんの漫画

あの人の胃には僕が足りないの作者・チョモランさんは、西尾維新さんの小説『零崎軋識の人間ノック』のコミカライズを担当していました。

ファンタジーとしてもラブコメとしても魅力的に描かれている

漫画はいろんなジャンルや設定の組み合わせで成立しているんだから、それ自体はふつうの話なんだけど、どちらも同じレベルでクオリティーが高い漫画はそうそうない。

本作は中学生の主人公・舟次蒔江くんが、高校生のヒロイン・満腹さちに恋をしているという説明から始まるんだけれど、このヒロインが実は普通の人間ではなくて、ワタリと呼ばれている怪物の類。

幼いころから、化物が見えてしまっていた主人公は、このワタリを引き寄せてしまう体質らしくて、かなり美味しそうな匂いを発しているとのこと。

あの人の胃には僕が足りない1巻の画像
あの人の胃には僕が足りない1巻の画像
©チョモラン/講談社

満腹さちは人間として生活することの条件として、危険なワタリを街から排除する仕事を請け負っていて、蒔江くんは協力することになっていく……。

感情表現が直球で年上女性の魅力が存分に発揮されている

満腹さちの距離感の近さと、おねショタっぽい雰囲気は、チョモランさんの絵柄と相まって読んでいてドキドキする。

表情のバリエーションも凄く豊富で、なによりもワタリに変身したときの戦いがド迫力というギャップも最高だ。

あの人の胃には僕が足りない2巻の満腹さちの画像
あの人の胃には僕が足りない2巻の満腹さちの画像
©チョモラン/講談社

満腹さちは人間らしさや、ワタリの本能に悩んでいる。
蒔江くんは自分の体質や過去、母親に大きな謎を抱えている。

巻も増すごとに、不気味さが漂う感じも、魅力的なキャラクターが多くなっていくのもファンタジーとして面白いので、興味がある人はぜひ読んでみてください。

あの人の胃には僕が足りない(最新刊)6巻の発売日

あの人の胃には僕が足りない6巻は2020年冬頃発売予定とのことなので、詳細が分かり次第追記します。

あの人の胃には僕が足りないの出版社や連載誌

あの人の胃には僕が足りないは講談社から刊行されている漫画誌・月刊モーニングツーで連載中なので、書店で探すのなら珈琲をしづかにとんがり帽子のアトリエの近くにあると思いますよ。

本作に興味がある人には、不器用な先輩もオススメです!

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】のほうでしているので、興味がある人はそちらのブログもよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました