漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル

ガイコツ書店員本田さん2巻|Twitterでの影響力や有害図書指定の話が描かれる

ガイコツ書店員本田さん2巻画像

リアル書店員の作者が実際の体験や伝聞をもとにガイコツ姿やペストマスクの仲間など個性的な見た目で描いた職業系漫画『ガイコツ書店員本田さん2巻』が2016年12月24日に発売されました。

前回は主に外国人のお客さんとの絡みが中心となって描かれていたが、ガイコツ書店員本田さん2巻では取次さんのお話や規制などの書店の内部事情が多く描かれています。

スポンサーリンク

ガイコツ書店員本田さん2巻のあらすじ

累計15万部突破!! 爆笑必至の書店員さんコミックエッセイ!!
外国人のゲイのカップルご来店! 彼らが求めるジャパニーズエロティック漫画とは!?
フェア戦争で売る側も買う側も死屍累々!
有害図書指定を受けた本の対応や、取次さんに解き明かしてもらうしかない事件発生で
今日も業務は終わらない!
本への愛とドラマで溢れた本屋さんの怒涛の日々をお送りします♪

ガイコツ書店員本田さん2巻より引用
  • WEB漫画:ジーン・ピクシブ
  • 出版社:KADOKAWA
  • 作者:本田
  • 他作品:ほしとんで
  • ジャンル:職業系

ガイコツ書店員本田さん2巻のネタバレ注意な見どころ

1巻の内容を振り返る

漫画家のTwitterの影響力の凄さが描かれる

地方に住んでいると都会が羨ましくなるのだが、その理由の一つにサイン会がある。

新刊が発売されるにあたって、どこどこの書店でサイン会やってますみたいな情報は結構見かけるのだが、そのほとんどが東京の話しだ。

リアル本田さんが働いている書店は外国人やBL漫画や外国語版が充実しているあたり、かなり大きい書店なのだろう。地方ではそんな規模の本屋は存在しないからすごく羨ましい。

ガイコツ書店員本田さん2巻の冒頭では漫画家と編集者さんに、Twitterでの告知を控えてもらうように頼むシーンが描かれている。

最近はSNSから火がついて書籍化された漫画も多いため、影響力と混乱を防ぐための処置は納得だ。

LGBTを説明する難しさ

内部の話と書いたが、もちろん外国人のお客さんは登場している。

ジャパニーズエロティックゲイマンガを求めてやってきた男性二人に衝撃を受ける本田さんが、説明に困るシーンが描かれているのだ。

BL漫画は狂おしいほどあるが、ゲイコミックといわれると同性愛?LGBT?ゲイとBLの違いを説明をするのはかなり難しいようだ。

そして言葉に詰まったもう一つの理由がお客さんの求めるエロのレベルがどの程度か判断できないから。

この話に絡んで有害図書指定の話も描かれている。

「こういう話題は大変難しいんですよね~表現のことと本屋のスタンスとで混同しがちですから。読者として求める自由さも痛いほどわかり…かといってルールを守らねば本屋としての社会的信頼を損ねること山のごとし…」

ガイコツ書店員本田さん2巻を読んだ感想

接客のスタンスや飲み会での話、実写化でアイドルが出演したときの電話対応など興味深い話が盛りだくさんとなっている。

こんだけ内部の事書いて大丈夫って思ってたら1巻の内容で怒られたオマケ話など、ガイコツ書店員本田さん2巻も職業系漫画として最高だった。

ガイコツ書店員本田さん3巻の感想記事

次の記事ではガイコツ書店員本田さん3巻のネタバレ注意な感想と見どころを紹介します。

ジーンピクシブからおすすめする漫画

ガイコツ書店員本田さんと同じWEB漫画誌『ジーンピクシブ』からおすすめする漫画です。

本屋でガイコツ書店員本田さんを探す場合、この作品の近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。

漫画をもっと読む

“褐色ポニテショタ”のいる日常。
夏休み。父方の実家の田舎町に帰るといつも出迎えてくれる従弟がいる。
主人公の航平は毎年従弟の成長を楽しみにしているのだが、今年久しぶりに会った従弟は透き通った黒い髪を伸ばしてポニーテールにしていた。
ポニテのせいで、ふとした仕草がまるで女の子みたいで……。
“褐色ポニテショタ”のいる日常――。

田舎に帰るとやけになついた褐色ポニテショタがいる1巻より引用

給湯室で、カフェテリアで、私たちは今日も節度保ってオタトーク。

「あなたも…衰退ジャンルに囚われ続けている古参オタなのね…」
尊敬する上司の主任(女性)に呼び出されたOLマミ。
…まさかそんな主任が、同じジャンルのオタだったなんて――!!
(※同じジャンル:学園乙女ゲーム「どき☆ジェネ」。燃料不足により衰退中)

擬態オタあるある満載!!
pixivコミック100万PV突破の大人気ショートショート、ついに書籍化!!
擬態しながら、おっかけしながら、たとえ供給がなくても(涙)強く生きている社会人オタ女子たちの、ひそやかに熱い日常をお届けします。

マキとマミ1巻より引用
タイトルとURLをコピーしました