2019年に1巻が発売された面白い漫画

【化物語漫画版 感想】大暮維人による超美麗コミカライズが凄すぎる

化物語1巻画像
この記事は約4分で読めます。

知らないだけでもうあると思っていた。

アニメシリーズは何年も前から続き、映画化もされている大人気小説。

コミカライズされていなかったのが不思議でならないほど。

めだかボックスの原作や掟上今日子の備忘録などヒット作を次々世に送り出す西尾維新の小説『化物語』をエアギアバイオーグ・トリニティの大暮維人が美麗にコミカライズ。

漫画版化物語はアニメを観てストーリーを知っている人にも知らない人にも、ぜひ手にとってほしいほど素晴らしい1冊になっています。

化物語1巻のカバー裏画像
1巻のカバー裏イラスト
くろごま
くろごま

大暮維人さんに漫画をまかせた判断はほんとに最高です

スポンサーリンク

化物語のネタバレ注意な感想と魅力

化物語のあらすじ

戦場ヶ原ひたぎ。阿良々木暦がある日受け止めた少女。そう、彼女の体には―体重がなかった。1匹の“蟹”に行き遭い、体重を根こそぎ持っていかれていた。化物は、はじめからそこにいる。いつも。どこにでも。『掟上今日子の備忘録』西尾維新×『エア・ギア』大暮維人で贈るこれぞ新たな怪異! 怪異! 怪異! 新しく、今巻き起こる〈物語〉!

化物語1巻より引用

化物語の特装版を買うべきか否か

化物語の特装版は豪華漫画家たちによるイラストカードや西尾維新さんの描き下ろし短短編、雑誌掲載されたカラーイラストに、原作小説と同じくBOX仕様とまさにコレクター向け商品といえる。

くろごま
くろごま

超漫画好きってわけでもないなら通常版で十分だとおもいますよ

戦場ヶ原ひたぎの秘密

本作の主人公・阿良々木暦あららぎこよみは階段から落ちてくる女子・戦場ヶ原せんじょうがはらひたぎを受け止めたことで彼女の秘密を知ってしまう。

それは体重が極端に軽いこと。

拒食症という次元ではなく、そこにあるはずの重さが不自然なほど存在しなかったのだ。

戦場ヶ原ひたぎの印象は病弱深窓令嬢タイプ。
友達はいない。

活発な姿を見たことがなく、いつも一人で本を読んでいる。しかしいじめられているわけではなく、本を読むことによって周りに話しかけるなというプレッシャーを与えているようにさえ感じる。

そんな彼女が恩人であるはずの阿良々木暦に取った行動は、感謝ではなく口封じの攻撃だった。

ホッチキスで頬を閉じるという暴力。

しかし秘密があるのは戦場ヶ原だけではなく阿良々木暦も同じで、彼には彼女を救うことが出来る人物を知っていた。

怪異に取りつかれた物語

阿良々木は戦場ヶ原の体重を戻す方法を知っている専門家・忍野おしのメメという男に協力を頼むのだ。

忍野に聞かされたのは「おもしかに」という話。

宮崎の山間部あたりの民間伝承で地域によっては重し蟹だったり重いし蟹だったり重石蟹だったり細部はバラバラだけど共通しているのは人から重さを奪うということ。

なぜ彼女がそのおもし蟹と出会ってしまったのか、そこには想像を絶する暗い過去があったのだ。

忍野メメの渋さが最高にかっこいい

画風の違和感はやはり感じるが、化物語1巻の最後には慣れてくる。

忍野メメのセリフ「被害者ヅラが気に喰わねえつってんだよ」「言葉が通じないなら戦争しかない」の迫力は凄かった。

化物語1巻の内容は重く、大暮維人さんの画風がより強烈な印象を与えるのだ。

言葉遊びが増えてくるのはまだまだこれからだ。



続きはコミックで!

化物語2巻の感想記事

次の記事では化物語2巻のネタバレ注意な感想と見どころを紹介します。

スポンサーリンク

化物語と一緒におすすめしたい漫画

化物語が連載している週刊少年マガジンからおすすめする漫画です。

本屋で化物語を探す場合、これらの作品は近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。

漫画をもっと読む

全人類は怯えていた──。何の変哲もない人が突如燃え出し、炎の怪物“焔ビト”となって、破壊の限りを尽くす“人体発火現象”。炎の恐怖に立ち向かう特殊消防隊は、現象の謎を解明し、人類を救うことが使命! とある理由から“悪魔”と呼ばれる、新入隊員の少年・シンラは、“ヒーロー”を目指し、仲間たちと共に、“焔ビト”との戦いの日々に身を投じる!! 燃え上がるバトル・ファンタジー、始動!!

炎炎ノ消防隊1巻より引用
くろごま
くろごま

ぜひ読んでみてください!