2021年注目の新作漫画

【葬送のフリーレン2巻】アイゼンの弟子・シュタルクが登場する

葬送のフリーレン2巻の表紙画像
スポンサーリンク

この記事ではエルフの長寿という特徴を活かした後日譚ファンタジー漫画『葬送のフリーレン2巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します。

冒険を共にした仲間たちが先立っていく中で、魔法使いでエルフのフリーレンだけは生き続ける。

葬送のフリーレン2巻では、アイゼンの弟子・シュタルクとの出会いや、これから何度も戦うであろう魔族という敵が描かれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

葬送のフリーレン2巻のあらすじ

あらすじ

長生きなエルフの魔法使いフリーレン。
弟子の魔法使い・フェルンと歩む旅の目的地は再び魔王城。
勇者たちの魂が眠るとされる地。

この旅は、勇者たちとの冒険の足跡を辿ることでもあります。

道中、戦士の弟子・シュタルクとの出会いも――

物語は、追憶と共に新たな局面へと進む。
英雄たちの系譜を紡ぐ後日談ファンタジー!

ネタバレ注意!葬送のフリーレン2巻を読んだ感想

葬送のフリーレン2巻の画像
葬送のフリーレン2巻の画像
©小学館/山田鐘人/アベツカサ

エルフが長寿という設定はファンタジーの共通認識みたいなもので、あまりに馴染みすぎているから何十年先にどうなるかなんて、考えたこともありませんでした。

ちょっと想像すれば、関わった人物が全員先立ってしまう寂しさって理解できます。

エルフがクールで閉鎖的なキャラになりがちなのも納得ですね。

葬送のフリーレン2巻は勇者パーティーの仲間・戦士のアイゼンの頼みで、勇者たちの魂が眠る、現在は魔王城となっている場所を目指す旅が始まります。

魔王を倒したからといって、敵が全滅したわけではない。
これもちょっと考えればわかることなんですけどね。

後日譚ファンタジーって銘打っているから、もっと穏やかな漫画になると思っていたんですけど、新しい冒険が始まるとか、ちょっと感動しました。

葬送のフリーレン2巻では、新しい仲間としてアイゼンの弟子・シュタルクが加わるんですけど、コイツがまた、いいキャラクターなんですよね。

凄く弱気で、自己評価が低いんだけど、覚悟を決めたときの強さがめちゃくちゃカッコいい。

アイゼンの「怖がることは悪いことではない。この恐怖が俺をここまで連れてきたんだ」という言葉も素敵でした。

シュタルクに対して手厳しいフェルンの言葉の掛け合いもニッコリできます。

葬送のフリーレン2巻の画像
©小学館/山田鐘人/アベツカサ

葬送のフリーレン2巻の後半では、魔族という明確な敵が登場するんですけど、言葉を道具として使っている感じがエグイです。

魔族の娘と仲良くなるタイプの作品を読んだことがある人は、特にそう感じると思います。

1巻を読んだ時点で良い漫画だなとは思っていましたけれど、2巻のファンタジーらしい展開は想像を上回りました。

葬送のフリーレンの読者におすすめの漫画

あなたの好みに合いそうな漫画
  • 怪獣8号
  • 最果てのソルテ
  • メタモルフォーゼの縁側
漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】でしているので、そちらもよろしくお願いします。
初回限定50%OFFクーポン配布中!
タイトルとURLをコピーしました