2019年4月からアニメ化される漫画

呪術廻戦感想|絶対売れる!週刊少年ジャンプで連載中のダークファンタジーが面白い

呪術廻戦1巻画像
この記事は約4分で読めます。

週刊少年ジャンプは多くの名作を生み出してきました。

しかしその反面、読者に受け入れられない作品は3ヶ月近くで終わっていく厳しい世界でもあります。

2018年に連載が始まり「これは凄い」と漫画好きの支持を得たダークファンタジー、それが呪術廻戦。

私は普段ラブコメや日常系の作品ばかり読んでいるため、こういった作品に目がいかないのだが『次にくるマンガ大賞』とtwitterでマンガ好きな人たちが購入しているのを見て興味がでました。

その結果は間違いなく当たりでした。

スポンサーリンク

『呪術廻戦』のあらすじ

類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!?

呪術廻戦1巻より引用
  • 漫画誌:週刊少年ジャンプ
  • 出版社:集英社
  • 作者 :芥見下々
  • ジャンル:ダークファンタジー

呪術廻戦のネタバレ注意な感想と魅力

スポンサーリンク

呪術廻戦をおすすめできる人

東京喰種寄生獣テラフォーマーズみたいにキャラクターが死んでいくような、重い作品が読める人にはおすすめだし、そうでない人にはまず無理な作品だ。

ラスボスなみの強さの敵に取りつかれるも、宿主が死なないように力を貸してくれる。

寄生獣やぬ~べ~みたいにちゃんとした関係を築けるかどうかは分からないが、呪術廻戦を分かりやすく説明するならそういった系統の漫画だ。

ヒーロー気質な主人公・虎杖悠仁

主人公の虎杖悠仁は類まれなる身体能力の持ち主だが、病状に伏せている祖父のお見舞いのために運動部には入らず、時間の融通が利くオカ研に所属している。

しかし祖父は「オマエは強いから人を助けろ。手の届く範囲でいい。救えるやつは救っとけ。迷っても感謝されなくてもとにかく助けてやれ」と言い残して亡くなってしまう。

この言葉の影響で悠仁は自らの犠牲を恐れない善人の塊となり敵と戦うことになるのだ。

宿儺という呪いを体に取り込む

きっかけはオカ研の先輩が持っていた札付きの箱だった。

悠仁の前に現れた呪術高専の伏黒曰くそれは呪物という危険な物のようで、札を剥がそうとした先輩たちは呪いに食われそうになるのだ。

二人は化物と相対することになるも深く傷ついてしまう。「呪いは呪いでしか祓えない」一般人の悠仁では怪物を倒せないのだが、ぶっとんでいる主人公である理由がここにある。

悠仁はあれだけ危険だと言われていた呪物を食べてしまうのだ。

それは呪物のなかでも特に危険な物。

善意から体に最悪な呪いを宿す危険人物になった悠仁。

呪術師としても異質な存在になった悠仁がどのように成長していくのかとても楽しみな作品だ。



呪術廻戦2巻の感想記事

次の記事では呪術廻戦2巻のネタバレ注意な感想と見どころを紹介します。

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプからおすすめする漫画

呪術廻戦と同じ漫画誌『週刊少年ジャンプ』からおすすめする漫画です。

本屋で呪術廻戦を探す場合、これらの作品の近くにあると思うのでご参考までにどうぞ。

漫画をもっと読む

女優を目指す女子高生・夜凪は有名芸能事務所スターズのオーディションで天才的な芝居をするも不合格。それは彼女の危険な演技法に理由があった。しかし、夜凪の才能に魅せられた映画監督・黒山が役者の世界に誘う!!

アクタージュ1巻より引用

母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。真実を知った彼らを待つ運命とは…!?

約束のネバーランド1巻より引用
タイトルとURLをコピーしました