2020年注目の新作漫画

【転生ゴブリンだけど質問ある?】最弱の種族が最強のスキルを継承する異世界転生漫画

4.0
転生ゴブリンだけど質問ある?1巻の表紙画像

ここ数年でファンタジー漫画の定番となった異世界転生は、もう飽和状態かと思われていても、次々と違う設定の作品が出てくるのだから、作家の想像力の凄さを感じる。

今回紹介する転生ゴブリンだけど質問ある?は、読んで字の如く異種族に転生する漫画なんだけど、どんな内容?と聞かれたら転スラみたいなやつと答えると分かりやすい。

異世界転生はテンプレを楽しむジャンルなので、似ていることは別に悪い事ではなくて、むしろオリジナルの部分に面白くなる可能性を秘めているかどうかが重要

その点でいうと本作はキャラクターの可愛さと、言動に知性を兼ね備えているので、どんな敵と戦うのかによって、評価されるようになっていくと思うし、唯一無二のものしか認めない!という人でないなら普通に楽しめると思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転生ゴブリンだけど質問ある?のあらすじ

面倒見がよく、それゆえに貧乏くじを引きがちなサラリーマン・八神彰は休日出勤の帰宅途中、車道に飛び出した子供を庇って絶命した…はずだったが、目を覚ますと異世界で異種族“ゴブリン”に転生していた。

ゴブリンの寿命はわずか7日。

しかし転生時に与えられたスキル【人間80年】によって、長寿を得たアキラは、先立っていく多くのゴブリンからスキルを受け継ぎ、更には瀕死の魔王から最強の固有スキル【弱肉強食】を継承し、異世界で頭角を現していく!!

転生ゴブリンだけど質問ある?1巻より引用

ネタバレ注意!転生ゴブリンだけど質問ある?のストーリーや魅力

原作・三木なずなさんの著書と荒木宰さんの漫画

転生ゴブリンだけど質問ある?の原作者・三木なずなさんは貴族転生レベル1だけどユニークスキルで最強ですなど多くの著書があり、荒木宰さんはニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれたの漫画を担当していました。

テンプレの使い方が上手な異世界転生漫画

本作は主人公・アキラが若くして亡くなり、異世界転生というお決まりパターンから始まるが、人間ではなくザコ敵の代表格であるゴブリンへと転生してしまう。

ゴブリンの特徴は寿命が7日しかない短命さと、種族の弱点を補う繁殖能力の高さと、死に際にスキルを譲渡できるということ。

アキラには寿命80年というスキルが備わっていて、短命というデバフがないため、本来ならひとつかふたしかスキルが持てないところ、上限なく増えていく可能性がある。

転生ゴブリンだけど質問ある?1巻の画像
転生ゴブリンだけど質問ある?1巻の画像
©集英社/三木なずな/荒木宰

この時点ですでに俺tsueee系の漫画になっているけれど、さらに瀕死の魔王に出会うことによって弱肉強食というチートスキルを手に入れてしまう。

なんで魔王が瀕死になっていたのか?人間との対立は?魔族内でのトラブルは?アキラは異種族との関係性をどう築いていくのか?が今後の展開になっていく。

異世界転生特有の既視感の強さはあるけど普通に面白い

転生ゴブリンだけど質問ある?1巻の画像
転生ゴブリンだけど質問ある?1巻の画像
©集英社/三木なずな/荒木宰

ゴブリンに転生したというオリジナルの設定はあっても、やはり異世界転生特有の既視感は強くて、とはいえ転スラに似ているということは内容自体が面白いことの証明なのかなとも思う。

ゴブリンの監視役である女騎士・カレンは可愛いし、アキラの知的な言動は魅力的だし、まだ物語は始まったばかりだけど、世界観の構築はかなり上手い。

異世界転生というジャンルが超好きという人にはオススメできる漫画だと思った。

転生ゴブリンだけど質問ある?の出版社や連載誌

転生ゴブリンだけど質問ある?は講談社が運営しているWEBマンガサイト・となりのヤングジャンプで連載中なので、書店で探すのならアルマ服福人々という漫画の近くにあると思いますよ。

転生ゴブリンだけど質問ある?に興味がある人には、野人転生という漫画もオススメですよ。

くろごま
くろごま

以上、転生ゴブリンだけど質問ある?の紹介でした

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】のほうでしているので、興味がある人はそちらのブログもよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました