漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル

【ゆこさえ戦えば 感想】悪魔の能力バトルを無視して日常生活を頑張る漫画

4.0
ゆこさえ戦えばの表紙画像

一切頑張らない能力バトルがここにある。

この記事では週刊少年サンデーで連載中の日常系漫画『ゆこさえ戦えば』の感想や魅力を紹介したいと思います!

頑張らないとは?

悪魔と人間がタッグを組んで戦う、つまりは金色のガッシュみたいな能力バトルが繰り広げられるはずが、主人公の新王寺ゆこは日々の生活で精一杯で……という漫画です。

関連記事>>>【2019年版】厨二心をくすぐるおすすめ漫画を厳選して5作品紹介します!

ゆこさえ戦えばの裏表紙画像
ゆこさえ戦えばの裏表紙です
くろごま
くろごま

サンデーらしくて良い漫画です

スポンサーリンク

ゆこさえ戦えばのあらすじ

悪魔×人間の壮絶バトルが今…始まらない!
悪魔と人間がタッグを組んで戦う『悪魔凱戦』で、悪魔・ギギラのパートナーに選ばれた女子高生・新王寺ゆこ。
だが彼女は、日常生活に一生懸命な超マイペース女子だった!!
ギギラは、ゆこをなんとか戦わせようと四苦八苦するが…!?
戦わない女子×戦わせたい悪魔の凸凹ギャップコメディー、第一巻!!

ゆこさえ戦えば1巻より引用

ゆこさえ戦えばの魅力

作者・福井セイさんの漫画

ゆこさえ戦えばの作者・福井セイさんは過去にすうの空気攻略という漫画を描いていました。

悪魔と人間が一緒に戦う悪魔凱戦

氷を操る能力“氷結”を駆使する相手と、本来であれば死力を尽くした戦いが描かれるはずが「なんせ…我が力を与えた人間は…今授業中だ」とまさかのパートナー不在で悪魔がひとりぼっちという状況。

この悪魔の名前はギギラ・キングレイ。

本来であればパートナーである新王寺ゆこと隣で一緒に戦っているはずだった。

そもそもなんのための戦いなん?

この戦いは数世紀に一度開かれる悪魔たちの催事であり、総勢496体の悪魔が各々の人間に力を与えて戦わせるというもので、宿った人間を最後まで勝ち残らせることが悪魔にとって名誉となるというのだ。

もちろん人間にとっても“どんな願いでも一つだけ叶えられる権利がある”というメリットがある。

この釣り餌を前にして人間が争いあう。

しかしふつうの日常生活で精一杯なギギラのパートナーである新王寺ゆこは、一日一回のお楽しみタイムという自由時間を楽しむという欲の少ない人間。

健気というかピュアというか

なんとか頑張らせようとするギギラは、どんな願いでも叶うという部分を強調するも返ってきたのは「お楽しみタイム…一日二回にしてみたい…とか?」という味気のないものなのだ。

天才かもしれないが頑張らない

とはいえ相手からよってくるのだから戦いが起こらないわけではない。

ふいにギギラに分け与えられるエネルギーは尋常ではなく、敵の攻撃は全く効かないという無敵っぷりにギギラは天才かもしれないと思い始めるのだ。

戦ってくれないゆこにギララは困惑、敵も困惑。

読めばわかる週刊少年サンデーらしさ全開の戦わない異能バトル系日常漫画を追いかけていきたいと思う。

ゆこさえ戦えば2巻の発売日

ゆこさえ戦えば2巻は2019年12月発売予定です。

ゆこさえ戦えばの出版社と連載誌

ゆこさえ戦えばは小学館が刊行している週刊少年サンデーで連載中です。

本作を書店で探すのなら、トニカクカワイイ舞妓さんちのまかないさんという漫画の近くにあると思います。

関連記事>>>次にくるマンガ大賞2019大賞は薬屋のひとりごと&SPY×FAMILYに決定!!

レビュー記事>>>【舞妓さんちのまかないさん 感想】ジブリみたい…日常の延長にある美しいグルメ漫画

くろごま
くろごま

以上、ゆこさえ戦えばの紹介でした!

漫画ブログ【ゴマシェルフ】をお気に入り登録やリーディングリストに追加すると再訪しやすくなります。
タイトルとURLをコピーしました