漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル

【ヨシノズイカラ 最新刊2巻 ネタバレ注意】厄介ファンと初めてのサイン会が描かれる

ヨシノズイカラ2巻の表紙画像
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

懐かしき、ばらかもんの空気感!!

この記事では月刊少年ガンガンで連載中の、田舎暮らしの漫画家を描いた作品『ヨシノズイカラ2巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します。

ヨシノズイカラ2巻では島内にやっかいな『わっかもん』のキャラクターのファンがいたり、サイン会で東京という魔境に行かないといけなくなるエピソードが描かれています。

1巻の内容を思い出す>>>【ヨシノズイカラ 感想】ばらかもんの作者・ヨシノサツキの新作は島と漫画家を描く

ヨシノズイカラ2巻の裏表紙画像
くろごま
くろごま

子供との絡みはマジで面白いです

スポンサーリンク

ヨシノズイカラ2巻のあらすじ

鳴かず飛ばずの10年を経て、新しい連載作が少しずつ売れてきだした離島在住のマンガ家・遠野成彦のもとにサイン会開催の話が舞い込んできた。

作画アシスタントも雇わず、ほとんど島から出ずにひたすらに描き続けてきた成彦が、ついに東京に、ファンの前に降り立つ…! 

さえない漫画家のさえない日常物語、目が離せない第2巻!

ヨシノズイカラ2巻より引用

ネタバレ注意!ヨシノズイカラ2巻の見どころ

笹山ひいろという厄介ファンが登場

本作の主人公である冴えない漫画家・遠野なるひこが描く『わっかもん』には、ひー兄ちゃんと島内の子供たちから慕われているキャラクターがいて、2巻では厄介ファンが登場するのだ。

自宅に届く『ひー兄ちゃんを主人公にしてください、もっと出してくださいって何回……』という手紙。

消印がついていないことをみるに、直接ポストに投函しているという状況。

なるひこのアシスタント・とし坊が「ちょっと気になりますんで、俺が調べてみますね」といって数日後に家の前で捕まえたのは、笹山ひいろという隣村の女の子だった。

ひいろはなるひこのファンではない。
ひー兄ちゃんに恋してしまった厄介で、ただのツンデレな女の子なのだ。

初めてサイン会をすることになる遠野なるひこ

基本的に小心者のなるひこはうっかりサイン会をすることになってしまい、ひいろにゴミと言われたサインの改良をしたり、東京で迷子にならないように準備に勤しむ。

サイン会をすると知ったひいろに「うわぁぁぁぁん。東京の女がひー兄ちゃんを狙ってるよー」とギャン泣きされたり、初めて担当の林さんと顔合わせすることになったりと、なるひこにとって試練が続くのだ。

漫画家になってからいつのまにか卑屈となってしまっていたなるひこが、ファンという存在に会うことで少しだけ勇気をもらう。

応援したくなるとともに、ひいろの登場によってばらかもんの空気感を思い出す、とてもいい展開となっていた。

ヨシノズイカラ3巻の発売日

ヨシノズイカラ3巻は2020年5月ごろ発売予定です

月刊少年ガンガンのおすすめ漫画

ヨシノズイカラが連載されている月刊少年ガンガンのおすすめ漫画です。

書店でエルフと狩猟士のアイテム工房社畜さんは幼女幽霊に癒されたいという漫画を探すのなら、ヨシノズイカラの近くにあると思います。

レビュー記事>>>【エルフと狩猟士のアイテム工房 感想】恩人である年上幼女に仕えるひとりの青年に癒される漫画

レビュー記事>>>【社畜さんは幼女幽霊に癒されたい 感想】むしろ大歓迎!とにかく存在が可愛すぎる漫画だった

くろごま
くろごま

以上、ヨシノズイカラ2巻の紹介でした!

漫画ブログ【ゴマシェルフ】をお気に入り登録やリーディングリストに追加すると再訪しやすくなります。
タイトルとURLをコピーしました