2019年に1巻が発売された面白い漫画

【咲宮センパイの弓日 感想】予想外すぎるゆるふわアクションコメディーが面白い

咲宮センパイの弓日画像
この記事は約4分で読めます。

日常系漫画の雰囲気で殺し屋JKを描く。

この記事ではビッグコミックスペリオールで連載されていた『咲宮センパイの弓日きゅうじつ』の感想や魅力を紹介します!

この表紙で殺し屋漫画なんか

この漫画の雰囲気は幸せカナコの殺し屋生活という漫画に通ずるものがありますが、本作はなんといっても弓を使ったアクションと、咲宮センパイのギャップが魅力的でした。

詳細はコチラ>>>【幸せカナコの殺し屋生活 感想】読めばきっと元気になるブラックコメディ漫画

咲宮センパイの弓日の裏表紙画像
咲宮センパイの弓日の裏表紙
くろごま
くろごま

これがギャップ萌えというやつか

スポンサーリンク

咲宮センパイの弓日のあらすじ

弓道部あこがれの先輩は「殺し屋」でした。

「夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~」「デュラララ!!(イラスト担当)」のヤスダスズヒト先生も大絶賛!

読み切りが大反響を呼び、急きょ連載決定した要注目作!

弓道部のエース・咲宮先輩は、後輩たちに憧れられる存在。

射術はすべて皆中の腕前だが、普段はゆるめ~な天然キャラで、「自動改札が通れない」「パンツがダサめ」「スマホを持っていない」など、今どき古風な(?)女子高生。

そんな咲宮先輩が、ハゲと呼ばれる謎の男にアテンドされつつ裏でしている「バイト」とは…!

一射絶命!ゆるかわ弓道ガールアクションコメディー!

咲宮センパイの弓日1巻より引用

咲宮センパイの弓日の魅力は?

読み切りが大反響で連載が決まった漫画

咲宮センパイの弓日きゅうじつは作者・天野茶玖さんのデビュー作であり、もともと1話完結の読み切りで終わる予定だったものが、好評で連載になったという。

本作はビッグコミックスペリオール2019年18号にて最終回が掲載されていて、いちおう1巻で完結という形となるが、売れ行き次第では連載再開もありえるのではと思っている(願望)

弓で殺し屋バイトをするJK

弓道部のエース・咲宮先輩は後輩女子から憧れるような存在であり、指導を約束する代わりに「バイトで渋谷に行かなきゃなんないんだけど、私一度も渋谷に行ったことないから不安で」と案内をお願いすることになる。

しかし憧れは束の間。
電車の乗り方どころか切符の使い方すら知らない、大食いで天然キャラ、スマホを持っていないがポケベルを使っているなど、ぽんこつであることが発覚してしまう。

しまいには「大きな声では言えないけど実は私殺し屋のバイトをしているの」と電車内で大暴露。

ゆるキャラすぎる

大丈夫かと思うほど咲宮先輩の天然な一面が描かれまくっているのだが、仕事モードにスイッチが切り替われば全くの別人となる。

弓型の武器から放たれる弾丸は必中。
ときには反対のビルから、ときには屋形船の上から、ときには並走する車から敵を狙い「お命ちょうだいいたしました」という決めゼリフを言うのだ。

感想や評判は?

デビュー作ということに驚愕です

SNSでの購入報告でなんとなく気になっていて【咲宮センパイの弓日】というタイトルだけ覚えていたため、表紙に「実はワタシ、殺し屋なんです」というセリフがあったのはかなり驚いた。

咲宮センパイの日常はとてもゆるく、そしてレトロ。
にもかかわらずアクションシーンはめちゃくちゃカッコいいというギャップが最高だった。

日常系漫画がすきなひとにオススメ。



咲宮センパイの弓日の出版社と連載誌

咲宮センパイの弓日は小学館から刊行されているビッグコミックスペリオールという雑誌で連載!

本作を書店で探すのなら、GIGANT響~小説家になる方法~という漫画の近くにあると思います。

くろごま
くろごま

以上、咲宮センパイの弓日の紹介でした!

漫画ブログ【ゴマシェルフ】をお気に入り登録やリーディングリストに追加すると再訪しやすくなります。

ブログのお気に入り登録方法

タイトルとURLをコピーしました