漫画ランキング2019!今年1巻が発売された注目タイトル

【乙嫁語り 最新刊12巻 ネタバレ注意】タラスがシーリーンとアニスに出会う

乙嫁語り12巻の表紙画像
この記事は約3分で読めます。

これはあまりにも美しすぎる&華やかな1冊だった。

この記事では中央アジアを舞台に色々な結婚模様や遊牧民の日常などを描いた漫画『乙嫁語り12巻』のネタバレ注意な見どころを紹介します!

表紙はシーリーンとアニスの姉妹妻!

11巻ではタラスがスミスと別れたあとの心情などが詳細に描かれましたが、乙嫁語り12巻ではスミスの旅路でシーリーンとアニスの姉妹妻とタラスが出会う話が展開されています。

11巻の内容を思い出す>>>【乙嫁語り 11巻 ネタバレ注意】スミスとタラスの再会が描かれる

乙嫁語り12巻の裏表紙画像
乙嫁語り12巻の裏表紙画像
くろごま
くろごま

2019年度最高画力かもしれません…

スポンサーリンク

乙嫁語り12巻のあらすじ

アニス&シーリーンふたたび!
乙嫁帰路編、スミス一行はペルシアへ!

中央アジアを舞台に、さまざまな結婚模様を描き連ねていく乙嫁語り。

撮影の旅を続けるスミス一行は、アニスとシーリーンが暮らす町へと戻ってきました。

何もやることがない一日を描いた前後編、猫や髪、風呂に手紙の漫画など、大小さまざまな9篇の作品を収録。

ロシア軍の南下がうわさされるなか、スミスの旅路に幸あらんことを!

乙嫁語り12巻より引用
スポンサーリンク

ネタバレ注意!乙嫁語り12巻の見どころ

画力が相変わらず華やかで美しくて凄い

乙嫁語り12巻は閑暇という前編・後編に分けられたエピソードから始まる。

閑暇とは要するに暇という意味なのだが、スミスさんの旅路では舟が動かないときに幼少期を思い出すエピソード、アミルは居眠りし、アゼルとカルルクは馬を眺めながら強さとは何かを考える。

これまで登場したメインキャラクターたちの何でもない日常が描かれているのだ。

そして次の『髪』というエピソードもまた凄い

カルルクの姉・セイレケとユスフの夫婦の一夜を描いているのだが、女性にとっては命に等しい髪を丁寧にケアする様子、重厚な黒髪がトゥルンとたなびく様子は本当に美しいのだ。

アニスとシーリーンが再び登場する

乙嫁語りはスミスの旅路を通して人との出会いが描かれている。

12巻ではスミス一行が再びアニスやシーリーンたちのもとを訪れ、初めましてのタラスの話を興味深そうに聞く、女子会みたいなエピソードとなっている。

国や土地・宗教が同じであっても、地域によっては言葉や風習が変わってくるのはどこも同じ。

「顔を見られるのは怖くない?」
「市場にも女性が行くの?」

と自分たちの知らない世界の事柄に会話を弾ませるのだ。

乙嫁語りは【2019年版】画力が高い超おすすめ漫画を厳選して8作品紹介するという特集記事に入れるほど好きな漫画だが、12巻はその凄さを再認識させるだけのパワーがあった。

続きはまた1年後になるのだろうか……少しでも早く発売されるように願うばかりだ。

乙嫁語り13巻の発売日

発売間隔から予想すると乙嫁語り13巻は2020年12月頃だと思います。

ハルタのおすすめ漫画

乙嫁語りが連載されているハルタのおすすめ漫画です。

書店で煙と蜜や北北西に曇と往けという漫画を探すのなら、乙嫁語りの近くにあると思います。

レビュー記事>>>【北北西に曇と往け 感想】入江亜紀最新作はアイスランドが舞台の探偵活劇

くろごま
くろごま

以上、乙嫁語り12巻の紹介でした!

漫画ブログ【ゴマシェルフ】をお気に入り登録やリーディングリストに追加すると再訪しやすくなります。
タイトルとURLをコピーしました