2022年注目の新作漫画

モノライクのマグネット式しおり(ブックマーカー)がおしゃれで使い勝手が良い

モノライクのブックマーク画像

あなたは漫画・雑誌・本を読むときに、しおりを使っていますか?

おそらく、ほとんどの人は近くにある物を適当に挟んだり、見開きのまま床にべチャっと置いたり、紙が傷つきやすい方法でその場を離れていることでしょう。

かくいう自分もその一人。
栞を買わなキャなーと思いながらも、なかなかイイなと感じる商品が見つからず……。

ようやく、コレだ!となった商品を購入したので、この記事では【モノライクのマグネット式ブックマーク】の紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

購入するしおりを選んだ基準

どういう基準でしおりを選んだか
  • 3個入り以上10個入り以下
  • 1000円以下
  • 見た目がオシャレ
  • 紙を傷つける可能性が低い

自分はAmazonでしおりを検索して購入したんですけど、個性的なしおりで多かったのは30枚セット。

今までしおりを使ってこなかったヤツが、そんなに使うわけないし、かといって1枚で500円かぁ……って考えたら3個以上10個以下がちょうどいい。

しおりに挟む以外の機能は無いので、1000円以上の価値は感じません。

紙を傷つけそうな奇抜な形・金属も除外。
取捨選択していったなかで、オシャレでグッと来たのがモノライクのブックマークでした。

モノライクのしおり(ブックマーク)開封・使用感

モノライクのしおり・トロピカの画像

ポストカードサイズの台紙に5個のマグネット式のしおりが付属。

このまま綺麗に保存しておきたいくらいオシャレです。

モノライクのしおり・トロピカの台紙画像

しおりを取り出してみると、台紙には柄が印刷してあって、元の場所に戻したくなる仕様になっていました。

モノライクのしおりのマグネット部分の画像

幅2㎝、長さ5㎝のちょうどいいサイズ。
壁紙を触っているかのようなザラザラした質感が心地いいです。

また、磁力はそこそこの強さなので、片手でパチンと開閉するのは難しかった。

モノライクのブックマークを使用した画像

紙一枚を挟んだときの、本の膨らみは画像の通り。
外すときは、上の方を摘まめばスルンと外れるので、紙を傷つけることはまぁ無いと思います。

マグネットタイプのしおりは存在感があるので、無くし難いという利点もあります。

モノライクのしおりは多数の柄が販売されている

価格は1セット800円前後、20以上の柄が展開されているのでかなり迷いました。

その他に購入候補だったおすすめのしおり2選

価格は1500円近くになるんですけど、アイデア商品として秀逸だなと思います。

価格は820円前後、職人の手によってつくられた友禅和紙のしおりは色鮮やかで美しいですよね。

まとめ

所詮は挟むだけの文房具ですけど、手元に届いたときのワクワク感はたまりませんね。

しおりの購入を考えているなら、モノライクのマグネット式しおりをぜひ検討してみてください。

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】でしているので、そちらもよろしくお願いします。
初回限定50%OFFクーポン配布中!
タイトルとURLをコピーしました