2020年注目の新作漫画

【キミオアライブ】令和の職業!エネルギーが溢れまくっているユーチューバーを描く漫画

5.0
キミオアライブ1巻の表紙画像

平成の終わりから職業として認知され始めたユーチューバーなどの動画クリエイター。

誰でもチャンネルを設立できることから、最近では多くの芸能人や、いろんなジャンルの知識人たちが、勉強になるような動画を投稿しています。

この記事では夢がとにかく多い高校生がユーチューバーに挑戦する漫画『キミオアライブ』の感想や魅力を紹介したいと思う。

ユーチューブは延々と時間をつぶせますね

5年前くらいと違って、今ではHIKAKINさんみたいなタイプの動画投稿者は逆に珍しくて自分の得意ジャンルに絞って活動している人のほうが多い印象がある。

しかし本作で描かれているユーチューバーは、やりたいことをやる、疑問に思ったことに挑戦する……馬鹿みたいな行動力に溢れているタイプの主人公です。

キミオアライブ1巻の裏表紙画像
キミオアライブ1巻の裏表紙画像
くろごま
くろごま

読むと体温があがるような漫画でした

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キミオアライブのあらすじ

やりたいことが多すぎる高校一年生・長谷川君生。

そんな彼が見つけた夢を叶える方法とはーー。
誰かの勇気になるための青春ユーチューバー物語、開幕!

キミオアライブ1巻より引用

ネタバレ注意!キミオアライブのストーリーや魅力

試し読みは作者のTwitterから出来ます

作者・恵口公生さんの漫画

キミオアライブの作者・恵口公生さんは、peyoという別名義でボーイミーツマリアという漫画を描いています。

生きることを渇望していた少年が天職に巡り合う

ほんの数年前だとYoutubeとかニコニコ動画は、メントスコーラとか○○してみた系のくだらないけど笑える!みたいなモノが多かったけれど、最近は料理・音楽・スポーツ・アウトドアなど、その道のプロが動画を投稿していることも多い。

映像やBGMに強いこだわりを持っている人も多く、趣味や遊びで続ける時代はもうとっくに終わったのかもしれない。

本作の主人公・長谷川君生はせがわきみおは別にユーチューバーを目指しているわけではなく、やりたいことが多すぎる性分が、その道に向いていただけのこと。

ラップをしたい、秘密基地をつくりたい、ド派手は科学実験がしたい、空を飛びたいなど大きな夢から目先の目標まで……君生はしたいことを何でもノートに書き留め、叶ったものは消していくということをしていた。

体は小さく、そんなことをしているもんだから、周囲には馬鹿にされ、先生には夢をひとつにしぼれと、勉強しろと言われる。

なぜ君生はこういう性分なのか……それは病弱で生きることすら夢の話に思えた幼少期があり、好きなことで生きていくという強い信念を持っているから。

キミオアライブは読んでいると、体温が上がるような感覚がある。

誰しもが自分には無理だと蓋をしがちだが、君生はそういう限界みたいなことを決めていない……思わず目をそらしたくなる、恥ずかしくなる描写もあるが、主人公の勇気というかエネルギーがとてつもない漫画だった。

グループユーチューバーを描いている漫画

そしてキミオアライブの特徴は部活動として描かれているということで、表紙に登場している八乙女・アンジェリカ・梅子というヒロインの過去や関係性もまた、今後の魅力の一つになってくる。

お嬢と呼ばれ、不良を喧嘩で負かすヒロインが、君生のことを応援する理由は?

君生の活動に反対していたキャラクターたちが仲間になり、動画の幅が広がるときにどのような展開をみせるのか?

個性的なキャラデザや画風も含めて、純粋に楽しめる漫画だった。

キミオアライブ(最新刊)2巻の発売日

キミオアライブ2巻は2020年8月頃に発売予定です。

キミオアライブの出版社や連載誌

キミオアライブは講談社が刊行している漫画誌・月刊少年マガジンで連載中なので、書店で探すのならさよなら私のクラマーフェルマーの料理の近くにあると思いますよ。

本作に興味がある人には、ブクロキックスもオススメです!

漫画以外の商品レビューは【ゴマロク】のほうでしているので、興味がある人はそちらのブログもよろしくお願いします。
タイトルとURLをコピーしました